読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Notes in Apia

常夏の島サモアで暮らす、青年海外協力隊員の覚え書き

ここは豊田市?

以前もチラッと書きましたが、サモアは2009年に車の進行方向を反対にしました。

右側通行を左側通行(日本と同じ)に変更したんです。

...って、言葉で書くとあっさりしてますが、実行するのはものすごく大変そうです。

日本みたいに信号や標識、高速道路などのインフラが発達していると、不可能にも思えますよね。

幸い当時のサモアは(ま、今もですが...)、そんなに交通インフラが発展していなかったため、実行に移せたんだと思います。

 

が。

それにしても。

ある日、走る方向が変わるなんて一大事です。

もちろん、かなり反対の声も大きく、その前後は騒然としていたそうです。

切り替え当日とその翌日は臨時の休日になって、警官が総出で交通整理したんだとか。

バスも降り口が右側についていたので、しばらくは乗り降りが危なくてしょうがなかった、と。

 

お酒も切り替えから数日は販売禁止になったそうです。

...って、飲酒運転OKなの!?

そっちのほうが問題では。笑

 

で、今。

サモアは日本車天国です。

右ハンドルになったことで値段も格段に安くなったそうで、09年を境に自動車の数自体が急増しているとか。

NZやOZに出稼ぎに行ったサモア人が、車を買って帰ってきたり。

 

サモア人は、国内在住者と同じくらいの人数が海外で出稼ぎしています。

 そのほとんどがNZかOZ(いずれも左側通行・右ハンドル)。

 そりゃアメリカから輸入するより、NZからのほうが断然近いし安いですよね。

 

日本車がたくさん入るようになって、その品質の良さに驚き、当時は反対していた人たちも「オレ達はなんてアホだったんだ」と気付いたとか。

燃費が良くて、メンテが少なくていい上、壊れにくくて、パーツも手に入るし、新品のパーツが壊れてるなんてこともない、とはサモア人の弁。

日本人にとっては割と当たり前ですが、アメ車、ロシア車、中国車なんかと比べると、きっとその通りなんだろうなぁ、と。

 

日本車、と言っても、圧倒的に多いのはやっぱりトヨタ

タンザニアもそうでしたが、ホントに世界中で強いですね。

サモアを走る車の8割以上はトヨタ、と言っても過言ではないのでは?

日本よりトヨタ率が高いことは間違いないかと(特定の市町村を除く。笑)。

 

次いで、ホンダ、日産かな?

スバル、三菱、スズキはたまに見るくらい。

日本の中古車は、世界中の(左側通行の)国に来てるんですよね。

エアロごてごてのヤン車とか、「~商店」とか書いてある車とか、タンザニアでもよく見ました。笑

 

左ハンドル時代の名残で多いのがヒュンダイ。日産の次くらい。

フォードとか起亜なんかもたまーに見ますが、「どんどん減ってるよ。もう誰も買わない」とのこと。

 

車を始め、いろいろな日本製品の品質の高さのおかげで、海外で日本人は尊敬(まではいかなくても、一目置くくらいは)されるんですよね。

製造業の一部に噛んでいる人間としては、非常に誇らしい気持ちになります。

 

ちなみに、最近日本人が車のことで聞かれる第一位は「カーナビの表示が意味分かんない。英語にできない?」かと。

隊員はみんな聞かれるみたいです。笑

でも残念ながら、ほとんどのカーナビは英語表示なんて存在しないんですよね。

ま、各国で法律が違うから、ナビは国内仕様と割り切っているんでしょう。

日本在住の外国人はどうしてるんでしょうね?

 

↓分かりにくいですが、ほとんど全部日本車。2重の虹と共に。

f:id:jptzws:20170331160509j:plain