読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Notes in Apia

常夏の島サモアで暮らす、青年海外協力隊員の覚え書き

サマータイム終わり、1時間増やす方法は!?

サモアサマータイムを導入しています。

と言っても赤道に近いので、日出・日没にそれほど大きな変化があるわけでもなく。

経済的な結びつきの強いNZと合わせることが主眼のようです。

だって、サマータイム中は7:30日出、19:30日没っておかしくないですか?笑

 

ともあれ。

今日の深夜、正確には日付が変わった日曜日にサマータイムが終了します。

 

ここで疑問

サマータイムを始める日は1時間短くなって、1日が23時間。

その日は、どこか1時間飛ばしちゃおう(例えば、その日は2時台なし!1時の次は3時!)などと、まだ理解できます。

 

じゃ、サマータイムを終える日は?

1日を25時間にしなきゃいけませんが、どうするんでしょう?

24時台を作って、25時になる瞬間を翌日にする?

でも日付が変わるタイミングと合わせてしまうと、PCとかITシステムに不具合が起こりそうです。

 

答え

サマータイム開始日は1日が23時間、終了日は25時間になる。

 

■開始日

9月最終日曜日午前2時

午前1:59の次は時計の針を1時間進めて午前3時にする。

 

■終了日

翌年4月第1日曜日午前3時

午前2:59の次は時計の針を1時間戻して午前2時にする。

 

...だそうです。

答えを知ってしまうと、ふーんって感じですが。汗

 

切り替わりのその瞬間、電波時計とかスマホ、ネット接続したPCなんかは、どういう表示になるんでしょうね?

毎秒データを受けて修正しているわけではないので、2:59のあとしばらくは3:00なんですよね、きっと。

で、データを受信した瞬間、2:00に逆戻り。

え?その間にファイル作る(例えば写真撮る)と、未来の日付のファイルができちゃうのでは?

 

...ちょっと見たり、色々試したりしてみたいですが、多分何の特別なこともなく、ふつうに時間がずれているときと同じ処理なんでしょうね。笑

 

ま、これで明日から6:30日出、18:30日没と、感覚的に正しい時間になります。

何より今日は1時間余計に寝られる!

って、そもそも日曜だよ!笑