読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Notes in Apia

常夏の島サモアで暮らす、青年海外協力隊員の覚え書き

「学ぶ」とは?

物理の先生の息子さんが亡くなって忌引き。

ということで、穴埋めをする先生のヘルプをしました。

 

教養課程の基礎物理。

勝手に授業を進めるわけにもいかないので小テスト。

人数が多いので、試験官としてのアシストでした。

 

↓若いから細い子も多い。笑

f:id:jptzws:20170428105116j:plain

 

1コマ60分なのですが、テストは5問のみ。

教科書・ノートの参照が自由で、電卓もOK。

しかも4択。

 

...え?それって簡単すぎない?

せめて選択式じゃなくて記述式にしない?

 

↓ちなみに内容も超簡単。

f:id:jptzws:20170428105231j:plain

 

サモア人の先生曰く「教科書・ノートを見ないと全然解けないからテストとして成立しない。手計算も苦手で間違いばかり。選択式なのは、採点するのが楽だから」。

しかも小テストだけじゃなくて、中間テストや期末テストも同様なんだとか。

 

教科書やノート、電卓をシェアするので、当然のように答えもシェアしちゃったり。

隣の答案を写して、みんなで間違ってる例も多数。

先生は「サモア流だよねー」なんて笑ってましたが...。

 

うーん...何からツッコんでいいやら。汗

 

何でも他の国と比べちゃいけませんが。

タンザニアで教えていた技術中学(日本で言う高専かな?)では、持ち込みも電卓もNGだし、記述式テストが多かったです。

私のテストは毎回そうでしたし、他の先生もたいていそうでした。

カンニングなんて滅多にないし、もしバレたら木の枝でお尻を叩かれる上、割と深刻な問題になりました。

 

最近の日本の大学はどうなんでしょう?

カンニングはもちろんNGとして、教科書・ノートとか電卓はOKだったり??

 

たしかに実際の社会を考えると、PCや常時ネット接続が当たり前な世の中なので、調べようと思えばいつでも調べられるし、自分で計算する必要もありません。

我が身を振り返っても、回路設計とか、資料作るとか、英語で何か書くとか、全部PCとかネットに頼ってますね。

ちょっと調べたり、確認したり、素材探したりはもちろん、簡単なミス校正もしてくれます。

「大切なのは自分の頭で考えることだけ」と言ってしまえばそうなのですが。

そういうこと言い出すと、極論して、語学とか歴史とか学ぶ必要なくなっちゃうよなぁ...。

 

そもそも、大学で学ぶ意義って何でしょう?

日本だと専門的な知識や経験を得ることだと思いますが、サモアでは先進的/専門的な研究をしている訳でもなく。

大半は、edXとかフリーの教育素材で自習しようと思えばできることのような気もします。

むしろそっちのほうがクオリティ高かったり...。笑

 

ちょっと極端な例ですが、このように「派遣国の人が何を求めているか」と「協力隊員が何を提供したいか」は、割と一致しません。

これが協力隊員にとって、大きなテーマになることが多いように感じます。

 

ひとまず私は「中間テスト・期末テストでは持込も電卓もNG」と事前に告知しておきたいと思います。

どうやって履修・取得しようと、大学での1単位の重さは国際的に同じですからね...。

あまり国際標準から乖離した単位はあげられません。