Notes in Apia

常夏の島サモアで暮らす、青年海外協力隊員の覚え書き

アピアご飯

サモアの小学校は、10週授業+2週休みを4回繰り返し、残る4週がクリスマス休暇とのこと。

...って、年間12週休み!?

日本の小学生もそんなに休みだったっけ?

GWとか連休を加えても、サモアよりは少なさそうです。

ま、「南の島のハメハメハ大王」を地で行くサモアと比べちゃいけません。笑

 

なんて冗談ぽく書きましたが、サモアの子供たちは超働きます。

草刈り、掃除、洗濯、ごみ捨て、畑仕事、家畜の世話などなど、日本の子のお手伝いとは比べものになりません。

まさしく労働です。

しかも休み期間は教会学級があったりもするので、サモアの子にとっては学校のほうがよかったり?

 

...本題。

サバイイ島で小学校教諭をしている同期隊員3人が休みでアピアに上がってきていて、久しぶりにご飯を食べました。

と言っても、やっぱり6人全員が顔を揃えるのは難しく、集まったのは4人でした。

が、やっぱり、どの世界でも同期というのは不思議な絆です。

話は尽きることなく、あっという間の時間でした。

国内訓練など、過去を懐かしむ話もありましたが、今現在やこれからの話がメインになるのが協力隊員らしく、好きなところです。

 

行ったお店はフィリピン料理のKusina。

街中ですが通りに面していないので、知らないとまず辿り着かないお店。

初めて行きましたが、オープンファレで気持ちよく、おいしかったのでオススメです。

あ、屋根があるとは言え、外なので虫除け必須(お店でもスプレーを貸してくれます)。

 

↓魚のココナツクリーム煮 w/ナスと青梗菜(名前失念)。しょうがが利いておいしい!

f:id:jptzws:20170707130211j:plain

 

これとビール2本飲んで、WST30(約1,350円)くらい。

日本人にとっては全然許容範囲の値段ですが、サモア人には3,000円くらいの感覚。

レストラン等に入ると大体これくらい。

現地人的にはかなり高めだと思いますが、外食文化があまりないからOKなのか?

 

ついでなので、先日奮発したシェラトンホテルのディナーも。

そう。

サモアにはシェラトン系列のホテルが2つあり、1つはアピア港近くにあります。

ここから北側はクラブがあったり、ちょっといい雰囲気のバーやレストランがあったり、いわゆる観光客エリアです。

その先にはPalolo Deepもあって、ロケーション完璧。

なんとなくサモアにリゾートに来た人は、この辺だけでいいんじゃ?ってくらい。笑

 

私は滅多に外食しませんが、誘われたらなるべく行きます。

そんなときじゃないと贅沢しないので。

このときも、JICAスタッフの一人が持つメンバーズカードで25%オフになる!というお誘いを受け、喜んで参戦。

シェラトンのディナーは、アジアン、イタリアン、シーフード、ワールド?みたいな感じで曜日代わりだとか。

まず初回ということで、アジアンに行きました。

 

さすがはブランドホテル。閑散期の平日でも生バンドが。

f:id:jptzws:20170707124437j:plain

ステージ制ではなく、滞在した2時間以上、ずーっと演ってました。

これ毎日?すごいな...。

 

肝心の料理はブッフェスタイルで、和食も含めてどれもおいしく、大満足!

f:id:jptzws:20170707125145j:plain

このときもビール2、3本飲んで、WST65(約3,000円)だったかな?

メンバーズカード様々です。orz

もちろんそれでも高いですが、雰囲気も含めて、たまの贅沢としては大いにアリです。

次はシーフード!とメンバー一同盛り上がりました。

 

...あ、ここも屋根だけなので、虫除けは必須です。高級ホテルでも。笑

広告を非表示にする