読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Notes in Apia

常夏の島サモアで暮らす、青年海外協力隊員の覚え書き

見たら買え!

何度か書いている通り、アピアではたいていのものが手に入ります。

お金さえ出せば。

 

↓化調なしポテチとか、オーガニックのトマト缶とか、日本より安い&手に入りやすいくらい。

f:id:jptzws:20170518141614j:plain

 

...というのは、割と真実なんですが。

これまた何度か書いている通り、物資は輸入に頼っています。

しかも大型船が停泊できる港はただひとつ。

 

つまり、いつでもあるわけじゃないんです。

常にあると思っていた超定番商品がなくなったり。

特定のブランドじゃなくても、その品目自体が売り切れたり。

 

例えば、ピーナッツバター。

サモア人は大好きで、ブランドにこだわらなければ、いつでも大量に並んでいます。通常は。

でも先日、スーパーで見当たらず「どこに置いてある?」と聞いたら、「ない」と。

店員も「ないはずはない!」って感じで探し回り、主任的な人に在庫確認までしてくれた上で「ない」なので、本当になかったんでしょう。

今でもちょっと信じられないくらいですが...。

 

あと、一度しか買えていないのが、無添加ベーコン!

たしかNZからの輸入品で、月イチ?2ヶ月に一度?しか入荷しないっぽいのに。

この前はせっかく見かけたのに、たまたまその後、用事があって。

解けてしまうから帰りに買おうと思ったら、その短時間で全部売れちゃってました。涙

もちろんサモア人が買うのではなく(高価なので)、狙っている外国人が一定数いるのでしょう。

 

日本食も取り合いです。

もちろん日本人どうしで。笑

珍しい入荷があると日本人の間を情報が駆け巡り、早い者勝ちに。

在庫が多めにあれば、その場で「○○売ってるよ!欲しい人?」とか一斉通知できますが、そんなに数が入らないものが多いです。

f:id:jptzws:20170518132217j:plain

↑Made in Japanの讃岐うどん

棚に4袋あったけど、1つはネズミにかじられたような穴が開いていて、1つは中でカビてた。orz

2つは異常なさそうだったので即買い。

 

輸入品に限らず、サモア製品も突然なくなったりします。

超定番ブランドのツナ缶が棚から消え、しばらく入らなかったり。

店の在庫管理~発注がコントロールしきれていないこともあるでしょうが、サモアだとメーカーの生産管理にも問題がありそう。笑

 

保存できるものは買えるときに買っておくほうがいいな...。

と思って気がついた!

サモアでは「冷蔵庫はないけど冷凍庫を持ってる」家庭が結構あります。

それも上にガバッと開けるタイプの業務用の大きいヤツ。

これが理由かも!

 

...ま、食べ物に限った話ではありませんが。

とにかく、サモアでの買い物の鉄則は「見たら買え!」です。

タイトルどおり!

珍しくちゃんとオチて終わり。笑

It's a small world

昨日は、近所に住む日本人の方の家にお邪魔しました。

サモアでは数少ない、非JICA関係者。笑

と言っても、日本のODAで拡張工事を行っているアピア港の、開発コンサルタント

なので、もちろんまったくの無関係というわけではなく。

JICAとも大使館ともがっちり関係して仕事されています。

直接関係ではなく、間接関係という感じ。

 

ちなみに、「JICA」という名称を知っている人でも誤解しているケースが多いですが。

JICAはボランティアを派遣する組織ではありません。

もちろんボランティア派遣はJICA事業の大きな柱の一つですが、「有償・無償を問わず、日本が他国の開発援助を行う際に取り仕切る機関」というのが、適当な解釈でしょうか。

...ま、興味あればJICAのWEBサイトでもどうぞ。笑

 

話を戻して。

そんな訳で、開発援助の際は民間のコンサルなどが大活躍します。

昨日会った方は、40年近く前、ウポル島とサバイイ島を結ぶフェリー港の開発にも参加されたそうで、昔の写真をたくさん見せてもらいました。

感想は...アピア、変わんねぇ~~~!笑

左ハンドル→右ハンドルなど、変わった点もあるのですが、街の中心部にある時計台やその周辺など、ほぼそのままです。

写真自体のレトロ感(紙焼き画質とか)がなければ、2年前だよ、なんて言われても分からないくらい。

なんと言っても、サモア全体に漂うユル~い雰囲気がまったく変わっておらず、なんだか安心しました。

 

そして驚いたのが、この方が浜松出身で横浜在住だったこと。

私は横浜出身で浜松に就職したので、偶然とは言え、こんな南の島で出会うとは!と。

特に浜松は、自転車で行けるくらいの距離なので、超ローカルな話も分かってしまう。笑

 

タンザニアでもサモアでも、息子さんが私の出身中学に通っている!とか、子供の頃、実はすぐ近所(市、町まで同じで丁目違い)だった!とか。

そういう不思議な偶然に、本当にたくさん出会いました。

極めつけは、タンザニアで出会った旅行者と先輩隊員と話していたら、3人とも同じ大学の同じ学部、1学年違いだった!なんてことも。

もちろん当時はお互いに知りませんでしたが、絶対一度くらい学食とか構内ですれ違ったりしてるよ!なんて盛り上がりました。

 

友達を×人たどると全世界の誰とでもつながる、なんて研究もありますが。

自分ひとりでも、積極的に人と出会うと、予想もしなかった繋がりがあったりします。

本当に世界は小さいなぁ、と実感。

 

↓「世界はひとつ」のシンボル?国連ビルもサモアではこんなに小さい。笑

f:id:jptzws:20170516163711j:plain

 

母の日inサモア

雨その後

金曜、ようやく雨がやんだ!ブログでグチったおかげ?なんて思ったら。

夜からまた豪雨→そのまま土曜もほぼ一日雨。orz

 

が、今日は朝から青空!

8日ぶり?の青空ですが、空が晴れると気持ちもここまで晴れるか!ってくらい気持ちいいです。

↓我が家の庭

f:id:jptzws:20170514145552j:image

慌てて洗濯物とクローゼットの中身を全部干しました。

夕方にはまた掻き曇ってスコールでしたが、野生の勘で取り込みセーフ!笑

 

パンデイロも干したので、皮を弛めたままでもパリッと気持ちいい音。

ギターも含め、楽器にはやっぱり乾燥がいいですね。

残念ながら雨はまだ続くようですが...。

 

母の日

サモアでも母の日は5月の第2日曜ですが、なんと祝日!

キリスト教由来のイベントでもないし、なぜ祝日扱いなのかは謎です...。

ま、とにかく月曜は振替休日で三連休です。

 

ただ、サモアでは日曜や祝日はバスを含めてほぼ完全に街が止まってしまうので、土曜が肝心です。

が、今週は豪雨で買い物に出られず...。

せっかくの連休なのに、買い置きだけでしのぐ、悲しい感じ。涙

 

...と思っていたら、大家からご飯の差し入れ!

f:id:jptzws:20170514145710j:image

サモアは割と何でも共有する文化ということもあり、ご飯もよくご馳走になります。

しかも今日はNZ産の冷凍牡蠣パックまで!

生でもOKとのことですが...ちょっとやめとこうかな。笑

中華風にニンニクたっぷりで鉄板焼もいいし、お好み焼きに入れてもいいし。

夢が広がり、それだけでご飯食べられそう。笑

サモア人≒浪速人

5日ぶりの更新になってしまいましたが。

ずーーーーーっと降ってます、雨。

土日だけ数時間ずつ晴れたかな?

あとは「バケツをひっくり返したような」という表現がピッタリの豪雨だったり、サーッと音が鳴り続けるくらいの雨。

各所で道路が冠水したり、舗装の下の土壌が流れて陥没したり、なかなか大変らしいです。

JICA事務所ではネットが使えなくなってしまっています。

私は実害はありませんが、豪雨の合間、雨が弱くなるタイミングを見ないと、大学へ行き来できません。汗

 

いや、ホントによく降ります。

というのも、サイクロンが発生しているからなんですが。

日本の台風とは違って、全っ然動かない!

サモア南西~フィジーあたりに停滞したまま、とんでもない量の雨を降らせています。

上陸していないからか、風はほとんどありません。

...あれ?だから動かないのか?

 

ただひたすら雨の日々は、曇り空も相まって気分が下がりますね...。

特に新隊員にとっては、来たばかりなのにずっと雨でかわいそう。

しかも彼女たちが滞在しているドミは太陽熱温水器なので、雨の日はシャワーが冷たいんです。

私たちは雨季に来たのに、覚悟していたより意外と雨が少ない、なんて思っていたのに。

まさか乾季に入った5月で、これだけの雨。

サモア人も「滅多にない」と言っているので、ホントに不運です。

 

湿度100%な日々なので洗濯物が乾かないのは当然ですが、カビが猛威を振るっています。

クローゼットを閉め切っていると服にカビが生えるので戸を開けたまま。

着替えるたびに、服にしっとり感があるのも段々慣れてきました。笑

革のベルトは一度カビが生えてしまったので、アルコールで拭いて天日干ししたのですが、この雨続きで完全に再発してしまいゴミ箱へ。

サモアにいる限りはベルト不要(短パンか腰巻スカート)ですが、帰国前には買わないと...。

赴任前、帰国隊員が「革靴、スーツ、ネクタイ不要!カビが生えるだけ!」と言っていた意味を心から理解しました。笑

本皮のパンデイロにもうっすらカビが生えかけたので、慌ててアルコールで拭いて天日干し。

風通しのいいところにかけて、毎日のように叩いた後は拭いているので、何とか持ちこたえています。

が、他にもナイロンのギターケースに生えたり、スーツケースの内側!に生えかけていたり。

食べ物はもちろん、どこにでも&何にでも&あっという間にカビが生えるので、日々のチェックと掃除がサボれません。

 

これから大洋州に来る隊員にアドバイスするなら、タオルなんて持ってくるな!乾かないぞ!でしょうか。

特に厚手のバスタオル。雨季は下手すると、1回使って洗濯までの間にカビだらけになって終了です。

速乾性のマイクロファイバータオルやセームタオルがオススメです。

Tシャツとか下着も、できれば速乾&抗菌とか、そういう類がいいと思います。

 

タンザニアでは内陸の高地にいたので乾燥との闘いでしたが、サモアでは湿気との闘いです。

どっちがいいかと聞かれると、どちらにも良し悪しがあるので何ともですが...。

生活は乾いてたほうが楽だったかなぁ。洗濯物はすぐ乾くし。

でも砂埃がひどかったし、風邪とかインフルとか流行りやすかったし、断水もあったか。

そうやって考えると、植物がガンガン育つし、湿気てるほうがいいのかな。

カビと食あたりには注意だけど。

 

↓庭に生えたキノコ。本来は日向の場所なのに、わずか数日で!

f:id:jptzws:20170511150459j:plain

 

そんな中、やっぱり救いになるのはサモア人のキャラクター。

サモア人はイメージ通りの南国気質なので、冗談を言ったりふざけたりが大好き。

雨続きの最近も変わらず、毎日たくさん笑わせてくれます。

コーヒーを淹れてくれた後、「あ、これも入れる?」と言って、真顔で洗剤を差し出してきたりとか、ホントにくだらないんですが...。

長くいると、そんなサモア人に「もっとマジメにやれよ!」なんて思う人も増えるらしいですが、今のところ全然そんなこと感じず、むしろ助かってます。笑

私が大阪が好きな理由でもありますが、日本に帰ってもこんなふうに毎日楽しめたらな、と。

Japanse man in Apia

f:id:jptzws:20170506165422j:plain

↑最近ハマっている空芯菜(本文関係なし)。

炒めはもちろん、湯がいてナムルにしてもおいしい。しかもこの量で2.5WST(≒113円)!

 

日本人会

どこの国でも、たいてい何人かは日本人が住んでいて。

「日本人会」なるものが組織されていることが多いかと思います。

アメリカ、中国、韓国etc. 在住邦人が多いと、複数の日本人会がある国も。

が、アフリカや大洋州など日本人の馴染みが薄い国では、住んでいる日本人は大半がJICA関係者だったり。笑

 

サモアも例外ではなく、JICAのボランティア、スタッフ、その家族だけで半数を超えます。

あとは大使館関係者、移住者(サモア人と結婚したり)、日系企業関係者。

いずれも少数です。

さらに、唯一の在サモア企業であるヤザキが年内で撤退してしまうので、さらに減ってしまいます...。

あとはアピア港の拡張工事(日本の援助)のために来た建設会社がありますが、あくまで一時的ですし、日本人社員は短期で入れ替わり立ち代わり、になりそうです。

 

...と、そんな情報を仕入れたのは、昨日がその日本人会の役員会だったからです。

サモアの日本人会の一大勢力であるJICAからは、隊員・スタッフ合わせて4名が役員、支所長が顧問として参加していて。

私はサモアに来るなり強制的に、日本人会役員(理事?)を仰せつかったのです。

ホントはそういうのすごく苦手ですが。笑

 

まぁ「日本人会」なんて言っても、宴会や懇親会(スポーツとか見学会とか)をやりましょう、という集まりです。

もちろん元々は、緊急時の連絡などを大使館が中心となって云々みたいな意義があるのでしょうが...。

 

サモアの場合、その大使館も今年の1月にできたばかりです。

JICAと同じ商業施設の中にある一角で、日本人スタッフは数人という、本当にコンパクトな大使館。

役員会は大使館に集まったのですが、新しく赴任されたばかりの青木大使も顔を出してくださいました。

 

ヨイショするわけじゃないですが、やっぱり大使ともなると、非常に色々なことを経験されているし、人を接待することにも慣れているのか、話が面白い方が多いです。

大使館を立ち上げた、前大使の渋田さん(偶然にも元ザンジバル隊員)も、10年前のタンザニア大使もそうでした。

「一筋縄じゃいかないぞ」という感じが共通しているのも、世界で色んな人に揉まれた結果でしょうか。笑

ホント、協力隊に参加しないとまず会わなかった人たちとの出会いは、とても楽しいです。

 

今日は朝から晴れたのも束の間、昼過ぎから急に掻き曇って、また豪雨。

これも昨日聞いたのですが、バヌアツ付近にサイクロンが停滞しているとか何とか。

今年の雨季は2ヶ月くらい延びそうだ、なんて声もあるそうです。

...洗濯物が乾かないし、色んなものがカビて大変なんですけどー。涙

 

サモアで暇つぶし

f:id:jptzws:20170504125317j:plain

↑今日も学食ランチ(本文関係なし)。

カボチャ、パパイヤ、玉ねぎ、鶏肉の炒め。4WST(≒180円)。

タイ料理などでおなじみの甘くないパパイヤですが、サモアではカボチャに近い甘みがあっておいしいです。

 

雨季は終わったのに、最近ちょっと雨が多いです。

サモアの民家の屋根はたいていトタン葺きなので、スコールが降るとザーッという音がものすごくて。

音楽を聴いたりムービーを見るのは、ヘッドフォンにせざるを得ないくらい。

 

そして雨は色々なトラブルの原因になりますが、特に途上国では電気が停まることが多いです。

タンザニアでは、雨季は雨が降って停電、乾季はダムの水が減っちゃって停電。じゃ、いつ電気あるんだよ!?なんて任地もありました。

サモアも大雨だと、停電したり不安定になることが多いです。

今日は、生活圏の停電はありませんでしたが、学内のネットもスマホのネットも両方が激重だったので、おそらくサモア全体のバックボーン周辺でトラブルがあったようです。

 

ようやく活動内容が決まったので、資料を作ったり、準備のために色々調べ物をしたいところですが、待ち時間が長すぎて仕事になりません...。汗

そんな時は、どうしても気分が乗らないと言うか、集中力が続きませんよね。

で、ついつい眺めてしまうのが...クモの捕食。笑

 

サモアの建物ではルーバー窓(こんなの↓)が主流です。

f:id:jptzws:20170504125536j:plain

防犯的には弱いですが、風が入ってとても涼しいです。

村などではこれだけなので虫が入り放題!

でもアピアではたいてい外側に網が付いていて、虫が入らないようになっています。

 

自宅も大学の居室も網付きなのですが、大学ではエアコンを使うので、基本的に窓は閉めきり。

すると、窓と網の間がちょうどいいサイズなのか、クモが巣を張ります。

と言っても、片面ガラス、片面は網なので、巣にかかる虫なんて入ってこないよなぁ。

(そもそもクモもどうやって入ったんだ...)

 

...ということで、時々部屋にハエなどが出ると、窓の近くに止まった時に、窓を開けて誘い込んでやります。

空気が流れるからか、暖かいからか、かなりの確率で外に出ようとして窓の向こうに行きます。

で、しばらく経つと、クモの巣にぶつかって絡まって...。

 

詳しく書いたり、写真を載せたりは自制しますが。笑

今日は2匹のクモにハエを1匹ずつ献上。

椅子に座ると、ちょうどいい高さで繰り広げられるんです、捕獲&食事タイムが。

クモの種類によるのかと思いますが、食べるんじゃなくて、体液を吸う感じだ!とか。

終わった後は、ちゃんと巣から外して(落として)、糸をきれいに直すんだ!とか。

頭で分かっていても、日本ではあまり目の前でじっくり見ることがないので、実際に見るのは非常に興味深いです。

 

ビーチではヤドカリの殻を外させて、また付けるのを眺めたり、理系オヤジはロクなもんじゃありませんね。笑

ま、時間がゆっくり流れる&虫が多い、南国ならではの暇つぶしでした。

どうなる!?

ココナツの発芽

サモアの一般家庭にはココナツの木がたくさんあります。

村ステイの家では毎日大量に消費する(食べる以外にも、豚の餌だったり)ので、広大な敷地を手押し車で回って、たくさん拾っていました。

が、ウチの大家ファミリーは落ちた実を拾いません。

そもそもあんまり食べないのかも。

全部庭師が持っていくのかな?

外皮を剥く鉄の棒(こんなの↓)とか見ないしなぁ。

f:id:jptzws:20170503133450j:plain

都会住まいの裕福なサモア人は、生活がNZナイズドされている人も多いです。

 

で、今朝気付いたのですが、庭に落ちた実から芽が!

f:id:jptzws:20170503133534j:plain

ココナツも種なので、当たり前と言えば当たり前ですが...。

発芽を初めて見て、その巨大さにびっくり。

この状態から根が出てきて、とか、今後どうなる?というのが非常に楽しみです。

小学校の頃の観察日記、こういうのだったらちゃんと続けられたと思いませんか?笑

 

活動内容

大学への配属が学期の途中だったので、いきなり授業を持つ訳にもいかず。

今のところ、仕事らしい仕事をしていません...。

が、あくまでボランティアとして仕事をしにきているのです。

本人もたまに忘れかけます。笑

 

で、これまではサモア人の授業を見学したり手伝ったり、会議やセミナーに出席して、状況の把握に努めてきましたが。

ようやく待ちに待った、私の活動内容に関するミーティングがありました。

 

そもそもJICAからは「ロボット工学のコースを立ち上げる」という要請だと聞いていました。

が、実際にはロボット工学はおろか、工学の要素もほぼない、というのが現実だったのは以前書いたとおり

かと言って「だから何もすることがありません」という訳ではありません。もちろん。

「自分のできること」と「配属先が喜ぶこと」の摺り合わせが、協力隊員の大切なテーマです。

 

が、私の専門は電子工学(電子回路や電磁気学)なので、「理学部コンピュータ学科」ではなかなか活かしにくいのが本当のところ。

配属先の一番の問題点・要望は「プログラミング教育」なのですが...。

 

ま、くだくだ書いてもしょうがないので結論を。

学科長や学部アドバイザーを交えて、スタッフと小一時間話した結果。

・新コースの立ち上げ(ロボット組込を題材にC言語の基礎を教える)

イノベーションプロジェクトへの参加(Raspberry Pie、Arduino、ドローンを教育・研究・設備使用につなげる)

太陽電池プロジェクトへの参加(低コストでソーラーパネルを導入し、学内の電気代を下げる)

の3本柱でいこう、と。

 

新コース設立がメインですが、来年度(1月~)立ち上げて、1年教えてバトンタッチ(帰国)するので、サモア人教諭の育成が肝。

 

イノベーションPjは、いずれもほぼ経験がありませんが、メンバーもみんな素人なので、何ができるか楽しく考えながらやれれば、と。

 

太陽電池はさっそく計画を見せてもらって、ブラッシュアップすべく口出し。

これも専門外ですが、計画を見るとメンバーよりは数段知識があるようなので頑張らないと。

 

...うーん、どうなることやら。

若干の不安はありますが、方向が決まると俄然やる気も湧いてくるし、ワクワクしますね。

気負って詰め込みすぎないようにだけ注意して、と。笑

 

で、次のボランティア(私の後任)は、PCインストラクターに変更することに決めました。

Androidアプリの開発経験」「C言語で製品組込の経験」「できればRaspberry Pie、Arduino等の知識がある」人かな。

あと、必要な語学力レベルをBからAに変えよう。

 

こういうことは本来、ボランティア調整員というJICAスタッフの仕事ですが、多ジャンルに亘る協力隊員の職種すべてに精通してはいないので、新規案件の場合は特に隊員からの働きかけが重要だったりします。