Notes in Apia

常夏の島サモアで暮らす、青年海外協力隊員の覚え書き

アピア観光まとめ&Moana

ずいぶんサボってしまいました。

日本から家族が来たので、休みを取って遊びまわっていました。笑

ということで今回は、一緒に観光して改めて気付いた点などを備忘録的に。

 

空港⇔アピアのアクセス

タクシーは、街中⇔空港がWST60。

加えて、街中⇔目的地+α。

例えば我が家は街中からWST7なので、WST67が妥当(実際の距離的にはWST65?)。

...なんだけど、早朝・深夜便が多いし荷物も運んでくれるので、WST70。

時間は、早朝・深夜なら最低40分。昼間は最低1時間見ておくほうが安全。

 

空港→街中は、シャトルバスもある。

WST25/人らしいので、3人以上ならタクシー一択。

 

平日昼間なら、ふつうのバスもあり。

空港から見て左に行くバスは全部アピアまで行くので、どれでもOK。

 

空港行きのバスは、魚市場横のバスターミナルから「Faleolo」行きが間違いない。

WST3。

「Pasi o vaa」など、空港の先に行くバスに乗ってももちろんOK。

空港はバス道路にあって、絶対に見過ごすことはないので。

でも本数は少ない。

時間は、道路事情や停まる回数(寄り道含め)で読みづらい。

最低でも1時間半くらいは見ないと危険。

 

Palolo Deep

アピアでシュノーケルと言えば、ここに来ない手はない。

サモアではめずらしく、なんと日曜もオープン!

この一週間、顔を覚えられるくらい通ってしまいました。汗

大人WST5、小人WST2。おつりがないと安くなったり。笑

日によって海草が多かったりしますが、遠浅で波が弱く、子供も楽しめます。

f:id:jptzws:20170819190007j:plain

「軽食を持っていって飽きるまで遊ぶ→EdgeかSeafoodで食事」、これ最高です。

お酒や眺めメインならEdge、食事メインならSeafoodかな?

 

↓The Edge。ドラフトビールが飲めます。

f:id:jptzws:20170819190458j:plain

 

↓Seafood Gourmet Bar & Grill。ここのPokeはサモアNo.1とも(写真はOka)。

f:id:jptzws:20170819190748j:plain

 

Samoa Cultural Village

以前も書きましたが、とてもタダとは思えない充実っぷり。

ここも行かない手はありません。

パフォーマンスは、火~木曜の10:30~12:30だけな点に注意。

あ、実際には11時過ぎのスタートです。サモア時間ですから。笑

前回は、刺青の説明やココナツを割ったり絞ったりの実演あり。

が、今回はそれがなく、代わりに木彫や料理の実演&説明がしっかり。

f:id:jptzws:20170819191306j:plain

ショーの後も、ココナツジュースのみ→ウム料理(美味!オススメ!!)だったり。

日によって若干違うので、雨が降って行く場所に困った時など、2回目もありかも。

↓左下から白身魚の蒸し焼き、パルサミ、石焼タロイモ、石焼バナナ(ピント!汗)。

f:id:jptzws:20170819191313j:plain

 

Moana(モアナと伝説の海)

せっかく家族が来たので、2回目を見ました。

前回はサモア赴任直後に見たので、よく分かりませんでしたが。

実はとても!よくできていることに気付きました(なぜか上から目線。笑)。

遠浅の海(薄い水色)が続き、沖でサンゴ礁が途切れるドロップオフで高い波(白)。

その先は深くなるから濃い青。

まさにサモアの海です。

おそらくフィジーやトンガ、トケラウなど、舞台になった島々も同じかと(想像)。

他にも、火山島ゆえの切り立った山の感じや、椰子やバナナを含めた植生など、細かい点も違和感がほとんどありません。

正直、別にファンでも何でもありませんが、「さすがディズニー!」と感心しました。

 

あえて辛口なことを言うなら、刺青人口の少なさ。

サモアはもちろん、オセアニアの人たちは男女ともに刺青します。

成人していれば100%では?と思うくらい。

もちろん、世界中で公開される子供向け映画なので、しょうがないのは分かります。

この辺りも、「さすがディズニー」の一部ですね、きっと。

ショートカット

私の通勤ルートは道一本。

家は袋小路の一番奥なので、毎日村を縦断して行き来しています。

Door to doorがちょうど1kmで、たいした距離ではないので徒歩です。

雨だとちょっと嫌ですが、そんな時は、たいてい後ろから来る車が乗せてくれます。

 

が、実は大学の敷地までは300mくらいなんです。

正門までぐる~っと回り道するから1km。

↓地図を見れば一目瞭然ですね。

f:id:jptzws:20170808090623p:plain

 

で、その大学の敷地と出会う場所(家からの最初の曲がり角)にも、門があるんですよ。

f:id:jptzws:20170808090847j:plain

常時、施錠されているんですが、もしここを通れたら...

↓こんな風に、だいぶショートカットできるわけです。

f:id:jptzws:20170808091020p:plain

1kmが、600m弱に!

半分とまではいきませんが、40%以上カットできます。

しかも大学は斜面に建っているので(南側が山)、赤ルートで大学に入ると、そこは2階。

私の居室も2階なので、上下移動も減ることになります。

 

↓北側から見た大学。矢印の位置が私のオフィスです。

f:id:jptzws:20170808091557j:plain

 改めて見ると、本当にいい位置にオフィスをもらいました...(周りは学部長や学科長レベル)。汗

左奥から下りてきて、上辺を右へ。右枠外へ下りてから、下辺の道を左に来る、と。

かなり大回りですね。

件の門は、左上のサモアンファレと上辺にあるラグビー場の間です。

そこからまっすぐ来るほうが断然近いですよね。

 

門は、近くで見ると大きくて「そびえてる感」が強い。笑

f:id:jptzws:20170808092234j:plain

ここを通れたらな、というのは赴任当初から思っていました。

でも常時施錠ではどうしようもありません。

正門前には、通勤ルートで唯一のビールを売る店もあるので、まぁいいかと。

どうせビール買うし、瓶も返すから、多少の回り道くらい。

 

...が。

よく見ると、門の穴、大きいんですよね。

体の大きいサモア人はともかく...日本人ならイケんじゃね?笑

↓穴部分アップ

f:id:jptzws:20170808092830j:plain

 

...いや、正直に言うと、それも最初から気付いていました。

が、赴任当初に、しかも外国人ボランティアの私がやるのはマズいでしょ、と。

仮にも教員ですし...。

門の穴をくぐり抜けて通勤してくる大学講師なんて聞いたことない。笑

 

半年経った今。

「誰が気にすんだよ?」

うん、誰に見られても問題ない。笑

私が大学の教員ってことはみんな知ってるし(=不法侵入者じゃない)。

歩くのが嫌いなサモア人は、むしろ「穴通れていいな」くらいに思うはず。

 

思い立ったが吉日。さっそく試しました。

...一応、人のいない土曜日に(休日出勤だったので)。

 

結果。

余裕でした。

荷物を先に通して。

上の穴から上半身を中に入れ、反転して内側から門をつかむ→腕の力で足を抜く。

その間、10秒もかかりません。

まったく問題なし。

近い職場がますます近くなりました!

 

 

...って、運動不足に輪がかかるだけでは?なんてツッコミはなしで。汗

ロボコン!サモアで!?

昨日は土曜ですが、休日出勤しました。

私の勤める大学でロボコンが開催されたからです。

そう、にわかに信じがたいですが、サモアでロボット・コンペティションです。

NHKがやってるのはロボット・コンテストかな?

ま、中身は一緒です。

規模は天地ですが。笑

 

そもそも、私が派遣された案件の要請は「ロボット工学コースの立ち上げ」。

実際は全然違ったのは以前書きましたが、これが根源であることは間違いありません。

 

JICA「ボランティアいらんかえ~」

大学「最近ロボコンとかやってるんですよ。ゆくゆくは大学でもロボット工学とか」

JICA「それ、いいじゃないですか!隊員入れましょう」

 

いや、ここまで単純ではないと信じたいですが。

工学部もなく、工学の講師も授業もない大学に、電子工学の隊員をひとり入れたら「ロボット工学コースが立ち上げられる」なんて、誰がどう夢見たら可能だと思うんでしょう?

まさに絵空事です。orz

 

…話を戻して。笑

大学が主催していますが、参加するのはアピア近郊のCollege4校。

ややこしいのですが、サモアで「College」と言うと、大学ではなく中高です。

Primary Schoolが、日本で言う年長から中1までの8年。

Collegeが、中2から高3までの5年(合ってるかな?たしかそんな感じ)

要はCollegeではなく、Secondary Schoolと呼ぶべき学校ですね。

 

中高4校に加えて、特別参加の小学校1校。

って、小学生がロボットなんて作れるの!?

もちろん、そりゃ無理です。

中高生だって無理です。笑

 

VEX RoboticsというNZの企業が提供する、学習用キットを組んだものです。

「ロボット」と個人的には呼びたくありませんが、要はラジコンです。

NHKロボコンもそうだったかな?

コントローラで操作して課題にチャレンジする、と。

 ※PCでプログラムを組み、自律動作も可能なので、本来の「ロボット」としても使えます。

小学校は先生が中心でしたが、中高はしっかり生徒が組んだものを持参。

f:id:jptzws:20170806134339j:plain

 

が、さすがはサモア

10時スタートのはずが、10時から集まり始め(いつものこと)。

それからゲームフィールドを作り始める↓(予め作っとこうよ!)。

f:id:jptzws:20170806134303j:plain

なんだかんだで、始まったのは11:30(もともとの終了予定時刻)。

対戦用フィールドですが、一機で時間制限の得点式に変更(これは好判断)。

一校ずつ始めるも、予想外のことが起こるたびに、次々ルールが変わる(後攻有利)。

重量バランスを考えていないので、ロボットが転んだり倒れたりが頻発。

もちろん強度も考えず、手が取れたり支えごと落ちたり↓(嵌め込み式キットなので)。

f:id:jptzws:20170806133906j:plain

結局、「もう一回」とか「フィールドで調整させて」とか、グダグダな空気に。

得点も最初しか書いておらず、どこが何点で優勝なんてのは一切なし。

終わりも、いつのまにか一校、また一校と帰っていく、ユル~い展開でした。笑

 

でも各校いろいろなロボットがあり。

生徒たちが、かなり真剣&夢中になっているのを感じました。

NHKロボコンで言えば、最初の地区予選?校内予選?それ以下かもしれませんが。

いいプレイにはみんなが拍手して、惜しいプレイはみんなが悔しがり。

「争う」とか「勝負」なんて空気が全然なかった点がサモアらしくて好きです。

今回は前段階にほとんど絡めませんでしたが、来年はぜひ企画から!と思いました。

 

サモア人が食べるのを後回しにするなんて!!笑

f:id:jptzws:20170806134233j:plain

だから嫌われるんだよ。

今朝から携帯のネットワークが復活しました!

なぜかブログに文句を書くと、色々なことが解決する気がします。

もちろん気のせいですが。笑

 

改めて、このブログは私自身の備忘録であると共に、青年海外協力隊や途上国生活、サモアに興味がある方を想定して書いています。

なので「南の島の楽園生活~♪」とか、充実したことばかりを書くつもりはありません。

 まぁだからと言って、グチったり文句言ったりばかりにもならないように、とも思っています。

ただ実際のところ、サモアで嫌な目に遭うことは、あんまりないように思います。

本当にサモア人は人がいいし、年中穏やかな気候で自然に囲まれてるし、不便もアフリカほどじゃありません。

強いて言えば「虫が多い」とか「カビが...」とか?

あ、ウチの村は「犬」もありますが、さすがに最近はほぼ馴れてくれてます。

私にはストレスフリーな毎日で、肩こりや偏頭痛なんかからは解放されています。

 

が!

久しぶりに怒ったと言うか、一晩経っても嫌~な気分が残ることがあったので。

今日はだいぶネガなことを書きます。

そういうの避けたい人は、ここから読まないでください...。

 

昨日は、最近オープンした中華料理屋に行きました。

相変わらず自分で外食に出ることはありませんが、誘ってもらったので。笑

 

新しいだけあって、店も内装もピカピカ。

ビールがちょっと高いけど(ふつう小瓶WST5→WST6≒¥270)、まぁ誤差の範囲。

ご飯も悪くない。

わざわざ食べに行くほどじゃないけど、誘われたら行くのに躊躇しない感じ?

 

↓焼きそば。麺がインスタントなのはご愛嬌。

f:id:jptzws:20170805184313j:plain

 

で、金曜の夜ということもあって、食べ終わってもなんとなくウダウダ。

チェックをもらってからも話が終わりませんでした。

ちょっと遅くなって、いざ帰ろう。

...と思ったら。

 

中国人の女性店主?が「個室代WST20(≒¥900)払え」と。

 

はぁ??

 

たしかに個室にいたんです、我々。

が、そもそも普通の席に座っていたら、その女性店主に「個室に移らない?」と言われ。

「いや、別にいいよ」と断ったのに、「実はこれから宴会があるから、個室に移ってくれたほうがありがたい」と。

向こうから言ってきたんです。

 

もちろん、個室代がかかるなんて話は聞いていません。

メニューや部屋のどこかに書いてあるなんてこともありません。

 

本当に理解不能だったので、

「そもそも個室に移ってくれって言ったのはあなただよね?」

「個室を使わせてくれなんて、俺たちはまったく要望してないよね?」

「個室にお金がかかるなんて説明もなかったし、どこにも書いてないよね?」

と言いました。

 

が、「でも個室を使ったのは事実なんだから払え」の一点張り。

よく聞くと「個室を使えるのは1時間まで。それを過ぎたら1時間WST10払え」だって。

...って、3時間もいなかったし!

ま、コインパーキングと同じで、2時間を1分でも超えたら3時間計算なんでしょう。

いや、それにしても。

 

もちろん「払う道理はない!」と言い切って、部屋代なんて払わずに店を出ましたが。

そんな理屈が通るはずないだろ、いくらなんでも!!怒

 

これが「中国なら当たり前」的な、「文化の違い」なら、まだ話す余地があります。

一応、2回目の青年海外協力隊なので、それくらいの柔軟性は持ってるつもり。笑

でもこのケース、中国でも絶対通じないですよね。

中国は何度も出張に行ってるし、台湾や香港、旅行も含めたら、延べ3ヶ月以上は滞在した計算ですが、そんな無茶な話は聞いたことがありません。

 

これが頭の回る、気の利いた人だったら。

「今日は席を移ってもらってすみませんでした。また来てくださいね。

個室は1時間無料で、1時間ごとにWST10で使えますから」

なんて言ってさ。

システムを説明しつつ、婉曲に「実は個室ってVIP扱いしたんだよ?」って伝えられたはず。

 

明らかに日本人グループで、うまくすれば隊員たちがこれからも店に来るのに。

真逆の対応で、「二度と行くか!」と思わせてしまう。

アホだな~と心から思いました。

 

だから嫌われるんだよ。

世界中で。

 

 

 

...もちろん、そんな人ばかりではありません。

中国人の友達もいます。

Japanimation in サモア

大学が本格的に稼動したので、ネットワークが死んでます。

学内ネットはもちろん、自前でテザリングしようにもスマホもダメです。

前期の状況から予期していたとは言え、それにしても…というくらい重い。

本当に何もできません。

 ブログをサボってる言い訳じゃありません…。汗

 

さすがに苦情が多かったらしく、ICTチームが「対策します!」と。

何かと思ったら、まずYouTubeとインスタがアクセス禁止になりました。

そう、仕事で使っているならまだしも、先生が映画見てたりするんですよね…。

なので、この施策は正解!だいぶマシになりました。

まだまだ重いから、Facebookも止めちゃえ。笑

 

スマホは、混雑が原因(ex.花火大会とかで人が集まると重くなる)かと思ってたら。

深夜・早朝でも全然ダメ。

LINEでメッセージの送受信すらできず、私のスマホが壊れたかと思うくらい。

電波強度は十分なのに(電話やSMSはOK)ネットがNGなので、基地局の処理の問題か。

みんな文句を言っていたので、きっと数日中には回復するでしょう(と信じたい)。

 

…で、大学にいても仕事が進まないし、昨日はやりたいこともあって早めに帰宅。

と!

いつも村の通りで遊んでいる子供たちが妙に少なく、2,3人しかいない。

不思議に思いつつ歩いていると、近くの家から聞こえてくるのはJ-POP?

'90後半~’00前半に流行った、TK(小室哲也)とかSPEED(エリコ大騒ぎですね)的な。

あの頃のJ-POPのフォーマットって独特で、多分世界中どこ探してもないしなぁ。

 

 サモアの家は、屋根だけ、壁が一部だけ、壁があってもルーバー窓。半分外みたいなもんです。笑

 かつ、たいてい大音量なので、通りでも余裕で聞こえてきます。

 ↓こんな感じ。

f:id:jptzws:20170308144500j:plain

 

うーん、シンセの懐かしい感じと歪みギター、そしてこの声は…ELTか!?

え?まさかー。と思いながら通り過ぎ。

1,2軒はさんで、また同じ曲が聞こえてきた!

今度はサビだ!間違いない、日本語!持田香織!!

 

「違う家から同じ曲」

→「TV見てる」

→「TVからELT」&「子供たちがいない」

→「日本のアニメ見てる」んだ!!

と気付いたのはいいんですが。

前述の通り、ネットが重すぎてスマホで確認できない。orz

気になったまま眠れぬ夜を過ごし(ウソ)、今日になって大学で調べました。

 

Every Little Thing「Grip!」、犬夜叉のテーマソングでした!

あー、スッキリ。笑

 

そう、サモアでも日本のアニメは超人気です。

ドラえもんポケモンがプリントされた子供用のグッズが当たり前に売られていたり。

日本人の私より、日本のアニメをよく知ってるサモア人もいるくらい。

学科長の娘は「アニメーターになりたいから日本に留学したい」と言ってるとか。

 

そのおかげか、大学に限らず、日本語を知っている人も多く。

今日も通りすがりのお兄ちゃんに「ガンバリマス!」と言われました。

...何を?笑

 

ポドルスキも翼&日向のスパイクで日本デビューしたらしいですが。

車などのハードだけでなく、ソフトも世界中で評価されているのは喜ばしいですね。

 

 

ちなみに…「昨日やりたかったこと」は冷凍庫の霜取り。

湿度が高いサモアでは、我が家の1ドア冷蔵庫は1ヶ月もすると霜だらけ。

月に一度は全部出して電源オフするので、冷蔵庫の掃除にはちょうどいいですが…。

↓この倍くらい霜がつきます(大きさ比較の洗剤は350ml容器)。

f:id:jptzws:20170804073424j:plain

これまた大騒動中のTOSHIBA製。

霜、何とかならんかね…。

初ダイビング!@Fagaloa Bay

昨日はサモアで初めてダイビングに行きました。

潜る気満々で赴任した割にはシュノーケルばかりで、半年たってようやく初ダイブ。

と言っても、そう頻繁に行けるもんじゃありません。

2ダイブで一ヶ月の生活費の20~25%を持っていかれるので...。汗

 

...あ、やっぱり遊んでばっかりだって?

いやいや、前回のブログには書いていませんが、この半年の成果である、新コース設立の計画書を金曜に提出しました!

8月中旬には、来期開講するコースを決定する会議があるので、それまでに学科長や学部長と修正する流れです。

...ということで、すっかり気持ちも軽くなり、心から楽しみました!笑

 

ショップはSamoa Dive & Snorkel。以前書いたHome Cafeの隣です。

オーストラリア人の若者が経営する、割と新しいショップ。

ビーチエントリーが中心らしく、タンクはアルミ。軽くてありがたいです。

BCDなどの装備も比較的きれいだし、ダイブコンピュータを全員に貸してくれたり、オススメです。

Palolo Deepだと2ダイブWST280(≒\12,600)、遠征すると2ダイブWST360(≒\16,200)。

 ※器具レンタルはもちろん、ランチ・水etc.全部込み。隊員はボランティア割引で10%オフ。

 

今回の行き先は、アピアから西に1時間半ほどのFagaloa Bay。

地図からも分かるとおり、かなりえぐれた湾になっています。

切り立った山に分断された谷で、島を周回する道路も避けてしまっているくらい。

なので、用がないと行かない、ちょっと秘境感のある場所です。

 

↓帰り際、峠から湾を見下ろして。写真右側の岸からエントリー。

f:id:jptzws:20170730115214j:plain

↓エントリーしたビーチから峠方面。

f:id:jptzws:20170730160330j:plain

 

メンバーは、ダイブマスターからオープンウォーター取り立てや5年ぶりまで様々。

↓もちろん助け合います。協力隊ですから。笑

f:id:jptzws:20170730123151j:plain

 

天気は良かったのですが、風&波が強く、ビーチエントリーにはちょっと厳しい感じ。

さらに、1本目はタイミング的に潮が満ちていく時間だったので、透明度も...。

浮力をコントロールできず浮いてしまう人がいたり、深い所は水も冷たく散々でした。

 

が!

午後の2本目は引き潮に切り替わり、透明度も水温も上がって、良コンディション。

チョウチョウウオやハタタテダイ、ルリスズメダイ、クマノミなどはいつもどおり。

f:id:jptzws:20170730160332j:plain

さらにここでは、ウミガメがたくさんいました。

↓寝てるヤツ。頭隠して尻隠さず。笑

f:id:jptzws:20170730160331j:plain

↓悠々と泳ぐヤツ。

f:id:jptzws:20170730160333j:plain

↓眠そう?なヤツ。

f:id:jptzws:20170730160334j:plain

 

谷の地形がそのまま海の中まで続いているので、ウォール沿いに深度を変えて、様々な魚が見られます。

ダイビングポイントまで、機材を背負って強い波の中を泳いで行くため、女性は大変かもしれませんが、潜ってしまえば潮流は穏やかです。

ここも、まさしく手付かずのサンゴ礁

行くのも潜るのもちょっと大変ですが、その価値はあるかと。

 

 

行く人、来る人

昨日は、以前チラッと書いた開発コンサルタントの方の歓送会でした。

コンサル会社にもよると思いますが、数ヶ月(長くても半年とか)で交代していくケースが多いように感じます。

サモアは例外的に平和ですが、国や地域・時期によっては、開発現場とホテルを車で往復するだけで、「絶対に外には出ないでください!」なんてこともあるそうで、そうなると精神的にせいぜい2ヶ月が限度だとか。

決まっている日程と予算で、しかも(日本人からすると)不真面目な途上国の人たちと、環境の違う中、確実に結果を出さなければいけません。

南の島でのんびり楽しくやってるなんてことはまったくなく。

下手すると日本以上にストレスフルな仕事かもしれません。

 

...が、そんな空気は微塵も感じさせず。

いつも笑顔で、困難な状況も楽しんでしまうような雰囲気の方でした。

後任も同じく、穏やかで優しそうな方。

おそらく、そういう人じゃないとうまくいかないし、続かないのかもしれません。

 

仲が良かったシニアボランティアが腕を振るい、サモアとは思えない、ご馳走の山!

f:id:jptzws:20170728183015j:plain

総勢11人が集まって、お腹いっぱい食べて&飲んで。

お土産まで頂いてしまいました。

歓送会なのに、どっちがもてなされてるんだ…。笑

 

そして今日は、水曜に赴任したばかりの新隊員に会いました。

今回もシニアなしでJV9名。

サモアでは最大人数の隊次かな?一大勢力です。

小学校教諭や理数科教師、PCインストラクターなど、ほぼ全員が教育系。

最近の協力隊のトレンド通りですね。

アピア以外の隊員が多いので、機会を逃さず仲良くしないと。

 

それにしても、日本人らしい日本人に会うのが久しぶりに感じます。

...って、すぐに彼らも半分サモア人になるんですがー。笑