読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Notes in Apia

常夏の島サモアで暮らす、青年海外協力隊員の覚え書き

サモア生活のトラブル源

海外(と言うか途上国?)の旅行&生活で、一番のトラブル源って何でしょう?

 

水・食べ物

一昔前は大問題でしたね、きっと。

今はどんな国に行っても、飲料水はまず間違いなく売っているし、食べ物もよっぽどローカルな食堂に行かない限り大丈夫でしょう。

地元の食べ物が合わず、かつ料理も苦手でも、中華とかカレー、ファストフード等がたいていどこにでもあるので、生きることはできます。笑

 

病気

食べ物も関係しますが、旅行中は疲れたり睡眠不足だったりするから、普段よりは病気にかかりやすいかも。

症状の軽重に関わらず、旅先での体調不良はテンション下がりますよね...。

でも短期で行く人は滅多にかからないし、長期の人もあんまり重症になる人は少ないのかな、と。

対策としては、とにかくよく寝ることかな?

睡眠はいつどこでも大切ですよね。

 

治安

これは国や地域によって重大ですね。

生命の危険や怪我まではいかなくても、スリや引ったくり、置き引きなどは遭ったことある人も多いのでは?

ただ、遭遇する確率は性格や言動、旅慣れの程度によって変わると思うので、なるべく意識を高く持つしかないかもしれません。

ちなみに、私は相当長く色んな所に行っていますが、一度も犯罪被害がないのが自慢?です。笑

 

ハエやゴキブリは実害がないのでまだ我慢できても、蚊・ノミ・ダニ・南京虫なんかは安宿利用者には大敵ですよね。

ま、これも最近は殺虫剤とか忌避剤が一般的になったから、昔ほどじゃないかな?とは感じますが。

ガス式じゃないスプレーを持参するのがおすすめです(日本製は何でも優秀!)。

 

...一般的には大体そんなところでしょうか。

 

サモアの場合

以上がサモアで問題になることはほぼありません。

水は場所によっては、水道水をそのまま飲めるらしいし、ボトルも安価にどこでも売られています。

食べ物も、何度も書いているようにおいしいですし、日本食材だって手に入ります。

病気もデング熱とかありますが、協力隊員がかかる割合的には、10年前のタンザニアでのマラリア以下だし、かかったとしても重症化する率や致死率は低いです。

治安も、首都アピアですら日本より平和なくらいなので、まったく問題ありません。

虫はいますが、今のところムカデの被害以外はありません。汗

 

じゃ、他に何?

これも国や地域によると思いますが、かなりメジャーな「ボッタクリ」!!

ある程度海外に行っていれば、みんな経験してるんじゃないでしょうか。

経験したのに気付いてない、幸せなケースも多々あるかもしれませんね。笑

 

海外では、やっぱりどうしても日本人ってだけで金持ちに見られるんですよね。

まぁ日本人というだけで、ちょっと敬意を持ってもらったり、優しくされたりもするので、ある種トレードオフなのかもしれませんが。

 

特に市場や土産物店、タクシー!!!

価格表示がない店や市場、メーターがないタクシーは、観光客(特に日本人)がとにかくターゲット。

いろんな国で、相場よりかなり高めの値段を言われることが多いと思います。

タンザニアでもよく喧嘩しました。

1年以上住んでるって言ってても(しかもスワヒリ語で!)、吹っかけてくるんだもんなぁ...。

 

余談ですが、私が経験した中で、市場やタクシー等の値段に一番誠実だった国はイランです。

あんなに日本人に優しく、嘘をつかない国も珍しいのでは?どこが「悪の枢軸」だよ!?

 

サモアでは、市場や土産物店などでウソの価格を言われることはまずありません。

タクシーでも滅多にありません。

本当にサモア人の素晴らしい国民性を感じます。

 

が!

たまーにいるんですよ。

そういう良い印象を台無しにするアホなタクシードライバーが。

普段7WSTのところを12WSTとか言ってくる。

いや、日本円に直してしまうと差額は200円そこそこなので、払ってもいいんですが。

払ってしまうと、「外国人からはボッタくれる」と学習してしまうんですよね。

で、旅行者とか他の在住者にも不当要求をする、と。

 

今日も、近距離で慣れていて油断したのですが、倍近い額(4→7)を言ってきました。

アホか!と口喧嘩しましたが、エキサイトして腕っ節勝負になると勝てるはずないので。

適価より1WST(≒45円)多めで決着しました。

 

家の敷地に入ると、たまたま庭仕事をしていた隣人が心配して「大丈夫?」と。

経緯を話したら「それは悪いことしたわ。ごめんなさい」だって。

この人たちは全然悪くないのに!

...ほとんどのサモア人は、こういうステキな人たちです。

 

で、「今度から中まで車で入ってきたほうがいいよ。助けてあげられるから」と。

いつもは家の前まで乗るんですが、今日は荷物もなかったし、門で降りちゃったんですよね。

そして「他所でそういうことが起こったらナンバーをメモして教えてくれ」とも。

 

...ホント、周りがこういう人たちばかりだから救われます。

一瞬すごく嫌な気持ちになりましたが、おかげですぐに晴れて。

アホはどこにでもいるからな、と割り切れました。

ま、乗る前に料金交渉しなかった私も悪い。

来て3ヶ月、平和なサモアに慣れすぎてますね。笑


以下、本文とは関係ありませんが。

↓近所で土曜限定で売られるOka(刺身inココナツミルク)と甘くないバナナ。5WST(≒230円)。

f:id:jptzws:20170424162316j:plain

 

↓ロードサイドのファミリービジネス。手前から、Oka販売、コインランドリー、売店。

f:id:jptzws:20170424162315j:plain

サモアの学食

先週末~今週頭にかけて街が機能停止の4連休だったので、家の食べ物を食べ尽くしました。笑

で、今週のランチはお弁当をサボって学食。

 

そう、NUSには小さいながら学食もあるんです。

いつもあるメニューは、白飯、焼きそば、チャプスイ(しょうゆ味春雨)、カレー、焼きそば、フライドソーセージ、フライドポテト、フライドチキンかな?

これらを組み合わせて、チキン&チップスとか、焼きそば&ご飯、カレーライス&フライドチキンなんかが人気のようです。

f:id:jptzws:20170421172042j:plain

安くて量があるので、お昼時は学生たちで賑わいます。

食堂内は学生の溜まり場と化して混んでいるので、テイクアウトして自室で食べています。

学生も同じように、テイクアウトにして中庭や芝生の木陰で食べたり。

 

ちなみに「take out」は日本語と化していますが、アメリカ英語です(言う時はto goかな)。

イギリスでは「take away」が一般的かと。

学食では、最初ちょっと迷って「Take away」と言ってみたらすんなり通じたので、やっぱりサモアはイギリス英語寄り(NZ英語)です。

 

↓チキンカレー(3.5WST≒160円)。学生はフライドチキンやソーセージを加えて。

f:id:jptzws:20170421172045j:plain


↓焼きそば(3.5WST≒160円)。ふつうは白飯とセットで4WST(≒180円)。

f:id:jptzws:20170421172043j:plain

 

学食のテイクアウトもそうですが、サモアでは買い物をすると、市場でもどこでもビニール袋に入れてくれます。

この袋、よく見るとバイオ材料でできていて、生分解されるそうです。

サイズや色は様々ですが、どこに行ってもこれを使っている気がします。

おそらく、法律で決まっているのでしょう。

この辺り、日本より進んでいると言えますね。見習いたいところです。

 

↓文字を読みやすいように白い紙を入れてますが半透明です。

f:id:jptzws:20170421172044j:plain

ムツゴロウになりたい。

昨日の帰り道、隣の家(ウチの大家)の前でサモア人が何やらエキサイトしてました。

傍らでは7~8歳の女の子が泣き顔です。

 

門から家に伸びる私道に向かって、石をいくつも投げていたので察しはついたのですが、一応「どうしたの?」と声をかけたら。

私の質問に対して食い気味で「あそこの犬がウチの娘を咬んだんだ!」と。

サモア人にしては珍しく(私は初めて見るくらい)めちゃくちゃ怒った様子です。

 

「ここに住んでるのか?」と言うので、「オレは隣。ここは大家のウチだよ。声かけようか?」と答えると、「警察に電話して、あの犬を殺すように言ってやる!」と捨て台詞を残して行ってしまいました。

おそらく外国人(私)と英語で話したので、ちょっと正気に戻ったのでしょう。

女の子の傷(足)を見ましたが、血も出ておらず、咬まれてびっくりしただけ?って感じ。

傷を見せてもらったときには、すでに泣き止んでたし...。

ともあれ、大事に至らずよかった。

 

が、何もしないのにウチの犬が咬んだとは、ちょっと考えにくいです。

というのも、7匹中5匹はすごく臆病で、門が開いていても自分から敷地外に出ることはまずありません。

残り2匹は活動的ではありますが、私や他の隊員が初めて来たときも、攻撃的になることはありませんでした。

...多分、何もしていないのに(怖いから)石でも投げて脅かして、それから逃げようとした、とかじゃないかなぁ。

 

ま、いずれにしても門は閉めておくべきです。

開けたままにすることがあるなら、繋いでおくべき。

夜だけ敷地内で放し飼いでも、十分番犬として役に立つんだし。

大家にはちゃんと話しました。

 

で。

ここで改めて、サモア人でも犬に咬まれたり、犬の放し飼いについて怒ったりするんだな、と気付きました。

犬が放し飼いで、門から出てきて威嚇することが日常的に起こるので、サモア人は咬まれなかったり、気にしないのかと思ってました。

同僚に話を聞いても、大人は滅多に咬まれない(石を投げたりで自衛するから)けど、子供は咬まれたりする、危ない、怖い、と。

 

え?

だったら「犬が敷地外に出ないようにしなさい」って決まり作ればいいじゃん!

少なくとも村単位なら、マタイが決めれば絶対の掟になるんだし。

月イチでマタイ会議してるんでしょ?

 

...と思うのは外国人だからなんでしょうか?

そんなに簡単じゃないのか?

要調査ですね。

 

と言うのも、近所の犬が最近非常に攻撃的で。

その家の前を通るときに前庭にその犬がいると、ほぼ100%飛び出してきます。

ちょっと前までこんなことなかったのに!と思いましたが、よく見ると、似ているけど別の犬でした。

その家にいる、もう一匹は相変わらず穏やか。

近所に犬が多すぎて、とても覚え切れません...。汗

 

新しい犬なのか、どこかから帰ってきたのか知りませんが、とにかく攻撃的です。

しかもその家は、村の入口=一軒目の家なので、住人や訪問者、すべての人が通るんです。

※袋小路の一本道なので、そこを通る以外に出入りできません。

 

どう見ても威嚇(牙むきだし)なので、毎朝夕、危なくてしょうがない。

しょうがなく、石を投げる振りでしのいでいましたが、「あ、コイツ投げないぞ」と分かってきて、距離を詰めてきます。

油断すると、通り過ぎた後も門から出て追いかけてきたりするので、ついに本当に石を投げ始めてしまいました。

...安全第一とは言え、犬好き失格です。orz

 

でもホント、サモアで一番の危険は犬です。

先日も道路を横断しようと軽く走ったら、後ろからサモア語で大声が。

振り返ると、シェパード的な大型犬が私に襲い掛かる直前でした。

たまたま飼い主が見ていたから助かったものの、もし見ていなかったら...。

恐怖以外の何物でもありません。

 

犬に背中を見せて走ると追われます。

ライオンでも何でも、肉食・狩猟系の動物はみんなそうかな?

野生の衝動なのでしょうがないんですが。

だったら飼い主にコントロールする責任を持たせないと。

政府が「犬は敷地外に出さないように!飼い犬が咬んだら飼い主の責任!」って言えば、それだけでサモアの楽園度が相当上がるんですがねぇ。

 

ムツゴロウさんだったらどうするんでしょう?

...あの人は犬くらいなら、どんなのが来ても大丈夫そうだな。笑

 

↓イメージ。この犬は関係ありません。

f:id:jptzws:20170309123852j:plain

サモアの二大観光名所

昨日はEaster Mondayで休み。

Good Fridayと併せて、Easterの4連休でした。

4日に亘って街はほぼ完全に機能停止。

キリスト教徒にとっては、クリスマスに次ぐイベントという理解でよさそうです。

 

日曜のEaster当日は朝5時から礼拝!

...が、私は非クリスチャン。

賛美歌をベッドの中で遠く聞いてました。笑

 

じゃ、何したかというと。

隊員のお母さんがサモア訪問ということで、アピア隊員を中心に総勢16名?くらいで一緒に海に行きました。

目的地は、サモアに来たらココは絶対!のTo Sua Ocean Trench。

そして、サモアNo.1ビーチと名高いLalomanu Beach。

ボランティア調整員(JICAスタッフ)とレンタカーに分譲していざ出発!

 

さっそくサモアの洗礼

...と行きたいところですが、車を借りにいった隊員から肩透かしなLINEが。

 > レンタカー屋が予定の時間に門が開かない

 > 予約したのに車がない

 > なんとか車を借りてもバッテリーがなくて修理を始める

さすがサモア。笑

この辺り、隊員は免疫があるので大丈夫ですが、お母さんは笑えなかったのでは...。汗

 

Easterを甘く見るな

スタートから躓きましたが、結局は予定より45分遅れくらいでスタートできたので、わりと上々です。

まず目指したのはTo Sua Ocean Trench。

以前も書いたように、サモアで検索するとここは間違いなくヒットします。

それくらい有名だし、実際にきれいで、行く価値のある場所です。

 

が!

幹線道路に立つ看板に「Sorry Closed Today」の文字が...。

そうです。Easterのため休みだったのです。涙

 

実は、サモアの観光名所の多くは、村経営だったり、個人経営だったりします。

なので、マタイや家長が「閉める!」と決めたら、いつでも閉まります。

To Suaは家族経営らしく、イベント時は閉まっても不思議はない、とのこと。

隊員はまたいつでも行けますが、せっかく来たお母さん、ホント残念...。

 

サモアNo.1ビーチ

気を取り直して、道のさらに先にあるLalomanu Beachへ。

Trip Advisorなどのビーチランキングで、サモアで唯一ランク入りするビーチです。

ビーチファレ(Taufua Beach fales)も、どのサイトでも高評価で期待が膨らみます。

↓こんな感じ!

f:id:jptzws:20170418165140j:plain

サモアに住んでいれば見慣れるかと言ったら、そんなことはありません。

やっぱり泳ぐ&潜る気でビーチに来ると、テンションが全然違います。笑

 

詳しい隊員曰く、ここは料理や宿泊も含め、コスパが断トツでいいそうです。

実際、ビールなどもアピアのレストランと変わらない値段ですし、日帰りでもトイレやシャワーなどが使えるので(他と比べていませんが)確かにいいところでした。

 

なんと言っても海!!

これだけきれいだと、ビーチでゆっくりするだけでも十分楽しめます。

注意点は、わりと波が強いこと。

また、遠浅とは言え、エントリーしてすぐ足が付かないくらいの深さ(2~3m)になってしまうので、子供には向いてないかな?と。

サンゴ礁までもちょっと遠い上、行くほど波も強くなるので、フィンがないと厳しいですね。

で、苦労した割には、魚の種類や量は他と変わらないかな...。汗

ただ、そこまで行かなくてもそれなりに楽しめるので、シュノーケラーにもOK。

ま、正直「シュノーケル」という目的には適しませんが。

でも本当~にきれいなビーチなので、「ゆっくりする」「波打ち際で楽しむ」には最高です!

 

人生初救助!?

そんな訳でちょっと退屈したので、リーフブレイクの先まで行ってみることに。

波が強い上に、ちょうど干潮で水深も浅くて大きなキックができなかったので、かなり苦戦しましたが、波をよく見て、サンゴ礁の谷が水路のようになっているポイントからリーフの外へ!

サモアの海はどこも似ているのか、やっぱり一気に20mくらいの水深に。

大物も結構いる!とテンションが上がりかけたのですが、波が強すぎて危ないなぁ...。

あまり離れるとホントに沖まで流されそうだし。

と思って、10分もしない内に、また頑張って戻りました。

 

と、バン!と何かが足に。海中じゃなくて海面側。

え?と思ってみると、シーカヤック

血相を変えたサモア人が「大丈夫かっ!?」と...。

え?全然大丈夫だけど?もしかして助けに来た??

 

...砕けている波の向こうに人(私)がいたので、慌てて救助に来たらしいです。

「ここで溺れた人もいるんだ。危ないから戻ってくれ」と言われてしまいました。

「分かった。戻るよー」と言った後も、「ホントに大丈夫か?カヤックに乗らなくていいのか?」と何度も聞かれてしまいました。汗

 

ビーチに戻ると隊員から「超注目されてたよ!今日のLalomanuで一番だね!」なんて言われる始末。

実はサモア人は泳げない人も多いらしく、リーフで砕ける波より沖に出るなんてあり得ないらしい...。

うーん、ちゃんと事前にスタッフと話して、救助してほしいときのサインを決めてから行けばよかったです。

完全に私が悪い。反省。

 

↓ここも津波でサンゴは一旦全滅。少しずつ回復してる。波が強くてピント合わず。

f:id:jptzws:20170418165144j:plain

f:id:jptzws:20170418165143j:plain

f:id:jptzws:20170418165142j:plain

f:id:jptzws:20170418165141j:plain

 

余談ですが。

私の中のサモアNo.1ビーチは、やっぱり変わらずホームステイ先

あれを超えるビーチ...今後出会えるのか?笑

日本で協力隊経験は評価されません。

今日はGood Friday。

キリスト教の祝日です。

イースター前後の金曜日と月曜日は祝日で、学校、店やバスなどが軒並み休みです。

日本だとイースターエッグくらいしか馴染みがないかもしれませんが、サモアのようなクリスチャン国家では、けっこう大きなイベントです。

ふだんは土日も開いている、大学の校門も外資系のスーパーも閉まっていたり、いつもの日曜以上に休みモード。

 

が、サモア隊員的には、帰国する隊員の送別会でした。

「え?また?」なんて思うかもしれませんが、今回はイレギュラー。

通常2年間の任期を短縮して帰国する隊員もいるんです。

 

しかも、さらにイレギュラーなことに、この隊員は元々バングラデシュ隊員。

そもそもはバングラデシュに派遣されたのですが、赴任して4ヶ月程度で、情勢の悪化により、日本に一時帰国。

その後、情勢の回復が見込めないので、バングラデシュにいた隊員は、サモアを含め、ベリーズタンザニアなど、地域を問わず世界中に再派遣されるという、割とレアなケースです。

 

JICAとしては隊員の安全が最優先なので、治安が悪化した際など、一時帰国や任地変更、任国変更が時々起こり得ます。

最近だとバングラデシュの他には、シリア、エチオピアジンバブエなどでしょうか。

12年前も、同期のタイ隊員が赴任直前に予定の任地で暴動があって任地変更になったり、タンザニアでも選挙の直前に派遣された隊員が一時、任地変更になったり。

必ずしも派遣国・派遣先で2年間の任期を全うできるとは限らないわけです。

 

そして、任期の短縮。

協力隊業界?では略して「任短(にんたん)」と言いますが、予定の任期よりも早く帰国することもあります。

これは任国やJICAの事情ではなく、個人の都合や希望によるものです。

家の都合で、

体調不良/ケガ/精神的に病んで、

どうしても任国でうまくいかなくて、etc.

理由は様々ですが、自ら決めて帰国する人もいます。

 

今回のケースでは、海外の学校に進学するため。

語学の勉強のため早めに渡航したいから、ちょっとだけ任期を短縮して帰国します、と。

 

...こう書くと、中には「ボランティアと言いながら、日本の税金で行ってるのにけしからん!」なんて人もいるかもしれません。

が。

個人的には、そんなこと言わずに許してよ。むしろ、応援してあげてよ。と思います。

と言うのは、「協力隊経験は日本ではまったくと言っていいほど評価されない」からです。

 

大事なことなのでもう一度書きます。

「日本では、協力隊経験はまったくと言っていいほど評価されません」

むしろマイナス評価のことのほうが多いかも?くらい。

 

個人的な感覚では、民間企業をランダムに100社集めたら、99社はゼロ~マイナス評価でしょう。

1社、もしくは2社プラスに評価してくれれば御の字、くらい。

ボランティア活動自体が一般的ではない上、2年間ともなると「仕事もせずにフラフラしてたんでしょ」感が強いようです。

うーん、文化とは言え、日本の価値観の狭さを表すようで何とも...。

 

私は2回目の協力隊参加ですが、「なんで1回行ったのに、また行くの?」みたいな聞き方を本当にたくさんされました。

協力隊参加を思い出作りとでも思ってるんでしょうか。汗

もちろん休職した会社でも、プラス査定には絶対になりません。

むしろ完全なるマイナス。

出世コースから一度外れた上に、さらにもう一度外れた、遠く遠く離れた存在です。

昇進を望むなら、協力隊なんか参加しちゃダメですよー。笑

 

...話を戻すと。

新卒だろうと、仕事を辞めて参加だろうと、協力隊員の帰国後は、なかなか思うような職を得ることが難しいのが現実です。

もちろん、手に職がある人が多いので、その技術を買われる、という意味では引く手数多なんですが。

協力隊経験を評価されて、というケースは、非常に少ないように感じます。

 

JICAとしても、それは十分分かっているので。

帰国隊員の就職については割と丁寧にフォローしており、その数少ない「ボランティア経験を評価する就職先」を斡旋してくれます。

そういう意味では、ただ就職先を探すよりは手厚いのですが。

それにしたって、希望と合致する就職先がそんなにあるはずもなく。

私の周辺では、ボランティア経験とは関係ない職や、経験を評価されたわけではない職に就いた人がほとんどです。

 

もちろん、協力隊参加をきっかけに、国際協力や途上国支援の方向に舵を切る人もいます。

JICA関係、大使館、NGO、開発コンサルタント等々。

帰国隊員を訓練所のスタッフなどとして契約する、JOCAなんて組織もあって、その後、各国のJICA事務所で働く(これも契約)なんて道もあります。

 

進学もそのひとつで、ボランティア経験を基に、開発学や国際経済学などを修めに行ったり。

正直これも日本では盛んとは言い難いので、イギリスなど海外の学校に留学するケースが多いですね。

これらはまさしく「協力隊経験を直接活かせる」ケースなので。

世界や日本のためになる、と思って、ぜひ応援してあげてください。

 

...あ、また赤裸々シリーズになってしまった。笑

突然ひとりに

サモア人は、机の整理整頓が苦手です。

もちろん得意な人もいるのでしょうが、今のところ職場ではきれいな机を見ていません。

 

が、今朝見ると、相部屋の先生の机が片付いてました!

これはさっそく褒めないと、と思っていたら。

出勤してくるなり「片付けたのは、今日が最後の日だからなんだ」と。

 

は?急に何言い出したの??

話を聞くと、奥さんがNZの学校に合格して、向こうで暮らし始めた、と。

で、子供もいるし、自分も移住するとのこと。

子供は11歳、3歳、1歳だそうで、そりゃ奥さん一人じゃ厳しいね。

 

...プライベートな話は全然しませんでしたが、いろいろ腑に落ちました。

そういえば、ちょっと前「子供が病気だからNZ行ってくる」って言ってたな、とか(※成人した子供が重病なのかと思って深く聞けなかった)。

よく奥さんと電話して「miss you」とか「love you」とか言ってるな、とか(※サモア人の文化?なんて思ってた)。

 

仕事どうするの?って聞いたら、子供の世話があるから難しい、と。

基本、これまでの蓄えで乗り切るらしい。

NUSの給料は良いし、彼の立場的に考えると、年収450万(円換算)くらいはもらってただろうけど、それにしても。

NZの物価、高いだろうになぁ。

 

サモア人にとっては、大学や大学院を途切れ途切れに行くのは一般的です。

1年通って、お金貯めて、また1年通って、とか。

先日の卒業式でも、学士や修士、博士以外に、一課程の履修証明の取得だけの学生もたくさんいました。

親に払ってもらって4年連続で通うお金持ちの子もいますが、やっぱり自分のお金で来る学生のほうが真面目です。

...当たり前か。笑

 

また、奨学金制度も多々あって。

大学教員にも、日本、NZ、OZの政府やNGOから、たくさんの案内があります。

もちろん日本の奨学金と違って、全額返済だったり、利子が付くなんてことはありません(それじゃ奨学金じゃなくて学生ローンだよなぁ)。

今回の場合も、(真っ当な)奨学金なので学費の心配はないそうです。

 

余談ですが、そういう理由で日本に行ったことのある先生や、日本の大学で学位を取った先生がたくさんいて、日本語であいさつされたりします。

会議室に「温故知新」って貼ってあったり。笑

 

それにしても、今日まで教えてくれないなんて水臭い!と思ってたら。

理学科の学科長(彼の上司)ですら、昨日まで知らなかったんだとか。

いや、それって逆に問題では!?

と言うか、それでOKなのがすごい。汗

もちろん学部長や教務課は把握してたにしても...。

 

そんな訳で、今日は軽く送別会。

10時からって言ってたのに、定時には主役すらいなくて。

三々五々集まってきて、始まったのは11時。

これぞサモアン・タイム!

...うん、でもタンザニアン・タイムよりはだいぶ正確だな。笑

 

↓ランチタイムってことで、パンやパイ、ケーキ類。炭水化物と油脂の塊だー。涙

f:id:jptzws:20170413125540j:plain

 

ということで、明日から一人部屋に。

昨日書いたエアコン問題は、さっそくひとつ解決してしまいました。

ま、次に誰か入ってくるまでの暫定ですが。

でも仲良くしてた人がいなくなるのはやっぱり寂しいなぁ。涙

 

 

↓ゴミの話、写真追加&追記しました。

なぜかマックス

青い青い空だよ 白い白い雲だよ

サモアの島 常夏だ~よ~♪

f:id:jptzws:20170412124211j:plain

...なんて歌がありますが。

事実、サモアは年間を通して、昼間は30度、夜は24度くらいの常夏。

それも、日本の都会の殺人的な暑さではなく、ちょうどいい感じの夏がずっと続く楽園です。

昼間、日向を歩いたら汗だくですが、木陰にいれば涼しいし、朝晩も軽く運動するにはちょうどいいくらい。

夜も扇風機やクーラーなしで快適に寝られます。

サイクロン(未経験)以外では、風が強いこともなく、逆に無風すぎて暑いなんてこともなく。

たまに降る、予測不能なスコールを除けば、気候的には世界最高の部類に入ると思います。

 

が、中興国~途上国の常として。

店とか入ると超寒いんですよね...。震

クーラーがあると、なぜかマックスで使いませんか?

温度20度、風量最大がデフォルト。

大学の会議室や教員室も例外ではなく。

体調おかしくなる!ってくらい寒いです。

 

ちなみにアピアにある映画館は「サモアで一番寒い場所」だとか。笑

でもサモア人は脂肪を蓄えてるからか、それでも暑いらしいです。

 

なぜかマックスと言えば。

バスでは、ドライバーが自分の携帯やUSBメモリで音楽をかけてますが。

それもたいてい大音量。

長時間乗ってたら、耳をおかしくするレベルです。

ひどいバスに当たると、誇張じゃなく、その日はずっと耳がキーンって鳴ってたりします。

...ロックバンドのライブ並み。

 

以前、タンザニアでオーディオ機器を店に見に行った時も。

ある機器に興味を示すたびに、店員がすぐに音量をマックスにするんです。

もう耳が痛いレベルの大音量。

バリバリに音が割れて、もちろん音の良し悪しなんて分からない。

で、なんでそんなことするか聞くと、「大きい音量が出るほうがいい機器」という理解だと分かりました。

...うーん、文化の違い?なのか??

 

何でも大出力で使うのは、ON/OFFの考え方で、中間は使わないってことですよね。

だから、その最大出力が大きいほど良い。

そう考えると間違ってはいない...のかな。

 

でもよく考えると、日本も昔はそれに近かった気もします。

夏の電車、とにかく寒かったもんなぁ。

今は弱冷房車ができたり、さすが心配りの国。

そういう細かい気遣いができるメンタリティこそが、日本の一番の美点かもしれませんね。