Notes in Apia

常夏の島サモアで暮らす、青年海外協力隊員の覚え書き

実習レストラン

サモアに戻って、早半月...。

今さら感が漂ってますが、フィジー旅行を書かねば。汗

 

...とその前に。

全然関係ない、今日の出来事。笑

 

サモア国立大学には、APTC(Australia-Pacific Technical College)という、OZの職業訓練校?が併設されています。

自動車整備やコンピュータ等、色々なコースがあり、社会人も夜間講義に参加したり。

 

そんなAPTCには、ホテル業や飲食業などを学ぶ、観光学科があり。

時々、構内にあるレストランが、実習の場として3,4週間だけオープンします。

以前オープンし、行こうとした際は、なんと予約が一杯!

実は大人気と聞いたので、今回は告知があった直後に参加者を募って、即予約!

その甲斐あって初訪店できました。

 ※やっぱり満席でした。

 

前回は、朝、昼、晩とあったのですが、今回はランチのみ。

日によって、ビュッフェとアラカルトが変わります。

今日はビュッフェでしたが、WST25(≒1,125円)と、なかなかいいお値段です。

 

が!

中に入ってビックリ。

テーブルには一流レストラン並(←サモアでは)の調度が設えられ。

f:id:jptzws:20170913153604j:plain

制服で揃えたスタッフ(=生徒)がズラリ。 ※ビーサンサモアでは正装です。笑

f:id:jptzws:20170913153225j:plain

↓初々しい。今日は学長ご一行も来てたし。

f:id:jptzws:20170913153834j:plain

「これは期待できるんじゃ!?」と、みんなテンションが上がります。

 

ビュッフェの内容は...

 自家製パン2種(ケシ、ゴマ)
 クリームスープ
 サラダ2種(野菜、マカロニ)
 ベイクドポテト、茹でタロイモ
 蒸した白身魚ローストチキン、ビーフラザニア、ベーコンのキッシュ
 パウンドケーキ2種(フルーツ、チョコ)、フルーツ色々

でした。

f:id:jptzws:20170913154144j:plain

どれもおいしくて大満足!

特にラザニアやキッシュなんて、サモアじゃ滅多に見ません。

ケーキも、海外でありがちな”甘すぎ!”なんてことなく、いい感じ。

「これ、常時営業してほしいよね」なんて言い合うほど楽しめました。

 

が、帰り際に一人が確認したところ。

 料理は先生(OZ人)が作っている
 生徒は店内の給仕のみ

とのこと。

 

えー、そうなのー!?

そりゃおいしいわ!

なんてオチだ。笑

 

...ま、でも次も必ず行きます。

おいしかったし、コスパ良すぎなので。

次はディナーでコースとか食べたいな、と。

たまの贅沢でした。

9月上旬の荒まとめ

色々忙しくて、ブログが手につきません...。

歯痛で引っ張ってしまったので、今回は9月上旬を荒っぽくまとめます。笑

 

フィジー旅行はいつ書くんだ...。汗

 

サモアの医療費

先日の歯科診療では、初診料WST40、レントゲンWST10×2と激安でしたが。

聞いてみると、サモア人だったら初診料はWST10!とのこと。

レントゲン2枚撮っても、合計WST30(≒\1,350)です。

そして、15歳未満と65歳以上は医療費が無料です。

日本と違って、保険が利くわけでもないのに...と思ったら。

 

日本人医師曰く「高いから治療に来ない、というほうが怖い」から、と。

人口が少なく、土地も狭いので、伝染病などが蔓延すると本当に危険そうです。

昔は、村ごと焼いてしまう、なんてこともあったとか...。怖

 

サモア周回駅伝

Samoa Perimeter Relay

ウポル島半周104kmを24区間に分け、6人のリレーで走るというマラソンです。

JICAチームは初回から参加しており、去年は優勝!

↓地元紙にも記事が載るくらいです(写真は去年のメンバー)。

実はサモアに来る前から話を聞いていて、ちょっと出たいと思っていたのですが。

全然走っていないこともあり、今回は断念。

前日夜からの歯痛もあったので、結果としては正解でした。笑

今年はJICAで3チーム出場し、オープン2位、ミックス3位と惜敗だったようです。

 この日は歯が痛すぎて、応援も打ち上げも行けず...。orz

ジョギング習慣を復活させて、来年こそは出ようかな。

...と思ったり思わなかったり。汗

 

Miss Samoa

一週間に亘る  Teuila Festivalの締めはミスコン。

今年のミスサモアは、サバイイ島の女性に決まったとか。

サモアはウポル島に人口のほとんどが集中しているので、結構レアなんじゃないかと。

f:id:jptzws:20170911103205j:plain

...それにしてもアレですね。

こういうミスコンって、どうも「一般的に見てキレイ」って人が勝たないような。笑

 

サモアには、Miss Fa'afafineってイベントもあります。

以前チラッと書きましたが、Fa'afafineってのはオカマちゃんのことです。

↓こちらも一般的な美的感覚とはちょっと違うようで...。笑

 

歯痛で引きこもっていたので、Teuila Festivalも一日も見ず...。涙

 

メキシコ地震

サモアでも、地震は何度か経験しています。

体感しなくても、トンガやPNGなど近隣国でも発生していて、割と身近です。

が、これまで被害はもちろん、津波の危険性も報じられていませんでした。

でも今回のメキシコ地震は規模が違いました。

ここサモアでも、JICAから津波への注意喚起の連絡があり、実際に50~60cmの津波が確認されたとか。

幸いにも私は高台に住んでいますが、任地によっては、浜辺と呼んでいいくらい、海の近くに住んでいる隊員もいて、他人事ではありません。

 

津波は1m以下でも十分危険です。震災以降、周知されたとは思いますが、念のため。

祭!イベント! でも歯が...。

今週、サモアではTeuila Festivalというイベントが開かれています。

Missサモアコンテストやダンスコンテスト、警察のマーチングetc.一週間に亘って様々なイベントが行われる、サモアではかなり盛大なお祭りです。

フィジーで知り合ったドイツ人カップルがサモアに来ていて、私も誘ってくれました。

でも歯が...。orz

 

そして、今日は私の勤める大学のオープンキャンパスでした。

朝から山ほど車が乗りつけ、中高生を中心にたくさんのゲストが集まりました。

↓ふだんはガランとした中庭もこの通り。

f:id:jptzws:20170907145726j:plain

 

我が理学部は、ドローンを飛ばすデモンストレーションをしたり、顕微鏡で細胞を見られる展示や電磁気の実験を見せたり。

...ま、特に力を入れた事前準備もなく、非常に簡素な仕上がり。

見に来たJICAスタッフに「理学部、手を抜きすぎじゃない?」と言われるほど。笑

↓それでもこんなに集客が!

f:id:jptzws:20170907145758j:plain

本来は、私も色々手伝ったり見て回ったりするところです。

でも歯が...。orz

 

ということで、ようやく今日、待ちに待った診察の日です!

予約は14時ですが、受付に30分くらいかかると言われていたので、早めに行きます。

今までは外から眺めるだけだった国立病院に初めて入ります。

↓元々は日本の援助で建てた病院。老朽化したので、数年前に中国が再建したらしい。

f:id:jptzws:20170907145842j:plain

いざ受付に行くも、誰もいない!

昼休みか?笑

でも13時過ぎてるし、奥のドアは開いてるぞ??

玄関にいた守衛に確認したら、奥から人を呼んでくれたので、午後一番の受付に。

あっという間に受付終了。

↓受付は坂の一番上側。初診はここで患者番号をもらう。次回からはパスしてOK。

f:id:jptzws:20170907145941j:plain

 

↓歯科はピカピカの建物ではなく、受付を出て右の奥に建つ、古~い建屋の2F。

f:id:jptzws:20170907150344j:plain

 

患者番号が登録されているので、歯科の受付もあっという間。

ちょっと早く来すぎたけど、待合室はクーラーがほどよく効いてるので問題なし。

TVでは、なんと日本のドラマ「DOCTORS」のCMが。

沢村一樹高嶋政伸が、違う声&英語でしゃべるのに違和感。笑

f:id:jptzws:20170907150621j:plain

 

結局、ほとんど待つことなく、13:30くらいには診察室へ。

日本人会で見慣れた先生ですが、今日は後光が差して見えます!神様!!

海外で何度か病院にかかりましたが、やっぱり日本人医師は安心感が段違いです。

 

日本では、ズラッと治療イスが並び、流れるように次から次に患者を診るスタイルが多いかと思いますが。

ここでは先生の個室に治療イスが1つだけ。

VIPが行く歯医者か!?ってくらい、ゆっくり丁寧に診ていただきました。

f:id:jptzws:20170907150800j:plain

...結果。

腫れてもいないし、膿んでもいない。

レントゲンで診たり、触診(?歯をコツコツ叩いたり)や問診から判断して...

親不知が干渉している部分が、一時的に痛くなっただけでしょう、と。

体調が悪いときなんかに、ちょっとしたことで歯が痛くなるのと同じようです。

 

私くらいの年齢だと、これから歯が成長したり動いて悪化していくのも考えにくいし。

問題の親不知は、抜くにはリスクがある位置だ、と。

だから、「全然治らない!ずっと痛い!」とか「痛みが2,3週間おきにぶり返す」とかじゃない限り、帰国まで様子見たら?と。

 

だんだん良くなってる気がしてたのは、気のせいじゃなかったようで。笑

専門の医師にちゃんと診てもらって、とても安心しました。

 

気になるお値段は...

なんとWST60(≒2,700円)!

内訳は、診察40+レントゲン10×2。

保険が利くわけでもないのに、超安くないですか!?

...って、日本の医療が異常に高いのか、サモアが異常に安いのか。

明日たまたま日本人会の理事会なので、カラクリを聞いてみたいと思います。

協力隊員は歯が命

ピンチです...。

フィジー旅行のことを書くのが飛ぶほど。

 

 金曜の夜、干しぶどうを食べていたら、ちょっと硬いところ(茎?)があって、ガリッ。

...と、歯に激痛が!!涙

 

そう、歯痛は日本でも堪りませんが、途上国では最悪です。

というのも、まともな治療が期待できないから。

病気については、JICAがフォローしてくれたり、結構なんとかなるんです。

例えば、

 狂犬病→発生国には必ずワクチンがある。発症したら日本だろうと助からない。

 マラリア→最近は良い予防薬が。罹っても治療薬を服用すれば、まず死なない。

 デング熱・ジカ熱→辛いけど、JICAのフォローもあるし、死ぬことはない。

等々。

本当に深刻なときは、ヘリで緊急搬送とかしてくれますしね。

 

が!

歯は深刻です。

そもそも自己治癒しませんし。

治さずに我慢できるものでもありません。

さすがにボランティア派遣国で、歯科がゼロって国はないと思いますが。

ほとんどの国では「治療=抜く」です。orz

しかも、そんな治療?ですら、ごく一部の大都市でしか受けられません。

 

10年前のタンザニアでは、JICA事務所の目の前のホテルに歯科があり、たしか北欧人の歯科医がいました。

でも日本レベルの治療は望むべくもなく。

かつ、任地が遠い隊員が多かったので、治療の度にバスで片道12時間とか。

飛行機移動の隊員とか、どうするんだろう?って感じでした。

実際、当時は気軽に帰国できなかったので、何人か治療していましたが...。

帰国してから治療しなおしたり、本当に大変そうでした。

 

なので協力隊員は、派遣前に歯を治すことが超!重要です。

もちろん私も検診&治療に通いました。

タンザニア前は、JICAの指示で親不知を抜き(そういや以前のブログは抜歯スタートでした笑)

 ※歯科医には「抜かなくていい」と言われるくらいの位置&向きでしたが...

今回のサモア前も、根管治療のため通院していた歯科で「海外に2年行くから徹底的に!」とお願いして診てもらいました。

 

...でも、多分ここがダメ歯科だったんでしょうねー。

根管治療が専門のはずなのに、治療後2ヶ月も経たずに建てた歯が外れ。

「2年は何とか保つようにお願い!!」と懇願したにも関わらず、またすぐ外れ。

不安を抱えたまま事前訓練に入ったら、訓練期間中にまた外れました。怒

 

結局、駒ヶ根訓練所の近くの歯科に診てもらったところ、「もう抜くしかないね」と。

入れ歯?ブリッジ?インプラント?なんて時間はなかったので、今は空いてます。

...ま、そんなんでも、日本にいる間でよかったと思うしかありません。涙

 

で、今。

問題の歯は、ふつうにしていれば何ともありませんが。

熱いもの・冷たいものを口に含むと、沁みるように痛みます。

デンタルミラーで見ると、外見に虫歯はなさそうだし、痛みは日を追うごとに軽くなっている気もしますが...。

 

実は「硬いもの噛む→激痛」にはトラウマがあり。

そもそも、前述の根管治療してた歯がまったく同じ状況で。

銀歯の下で虫歯が進行していて、痛みが出たころには手遅れってヤツでした。

調べてみると、これって割とよくあるパターンらしいですね。

だから、それも考慮してチェックお願いしたのになぁ。

おそらく今回も同じパターンでは?と。怖

 

サモアの歯科事情は、以前ちらっと書きました

 国内人口20万人に対し、歯科医は15人

 診療所はウポル島のみ、4箇所

なんてレベルです。

これじゃ「治療=抜く」だね...。

 

と思いきや!

なんとサモアには日本人の歯科医がいるのです!!

地獄に仏とは、まさにこのことです。

 

「JICAで派遣される→その後、派遣国に戻って就職」は意外とよくある話で。

この方は、もう何年もサモアで働いていらっしゃいます。

長く滞在されているので、当然、日本人会の重鎮です。

私も日本人会の理事をしているので、親しくさせて頂いていて、多大なる安心感!

初めて「日本人会やっててよかった」と思いました。笑

 

診療の予約は木曜日。

初めて国立病院に行きます。

どうなることやら...。

 

↓タコの足にそっくりなサンゴ(本文関係なし)。

f:id:jptzws:20170905151444j:plain

父の日inサモア

フィジーから戻りました。

...って、戻ったのは日曜です。汗

 

さっそくフィジー旅行を振り返りたいところですが。

今回は、時系列的に、その直前にあった「父の日」について。

 

え?「父の日」は6月の第3日曜でしょ?

と、私も思っていましたが、ここサモアでは8月の第2日曜です。

理由は知りませんが、Wikipediaにもそう書いてあります。笑

ちなみにブラジルでも8月の第2日曜だとか。

 

以前書いたように、「母の日」はサモアでも日本と同じ5月の第2日曜ですが。

Wikipediaを見ると、両日とも世界的には色々な日付があるようです。

 

サモアでは、「母の日」と同じく、「父の日」も祝日。

翌日の月曜は振替休日です。

 

「父の日」当日は日曜だし、家族も来ていたので、村の教会へ。

いつもの礼拝と思いきや、説教のあとに歌のコーナーがあったり、何か違う雰囲気。

...と言っても、滅多に礼拝に行かないので、よく分かりませんが。笑

 

そうこうするうちに、終わっていないのに、くだけた空気になり。

いろんな人が前に呼ばれて、お菓子の首輪をかけてもらっていきます。

「ん?何かのお祝いか?」と思うも、何だか分からず。

全部サモア語なので、何が行われているか、正直ほとんど理解不能です。汗

我が村の牧師は、サモア隊員にとってサモア語の先生ですが...。

ごめん!ほぼ分からん!orz

 

↓お菓子の首輪はこんな感じ(写真がないので、卒業式のとき)。ラップで包んである。

f:id:jptzws:20170831173901j:plain

 

と、突然私の名前も呼ばれました!

よく分からないままに前に出ると、同じようにお菓子の首輪をかけてくれました。

みんなの拍手を受けながら席に戻ろうとすると

「Happy Father's Day!」

と声をかけられました。

 

そうです。

「父の日」のお祝いだったのです。

かなり若い人もいたので気付きませんでしたが、前に出たのはすべて男性。

父親ってことだったんですね。

日本では、教会でお祝いするようなイベントじゃないですよね?

想像もしていなかったので驚きました。

 

礼拝の後は、家族で牧師宅に招かれ、トオナイ(日曜のご馳走)

これも、いつもより更に豪勢な気がします。

f:id:jptzws:20170831180228j:plain

お腹いっぱい食べて、さらにお皿一杯に持ち帰りを頂き。

いつもどおり大満足の食事でした。

 

職場でも、私が休んでいる間、お祝いをしたそうです。

フィジーから戻って出勤したら「父の日のお祝い」と、マグカップをもらいました。

サモアの「父の日」は、なかなかビッグイベントのようです。

 

↓500mlが余裕で入る、サモアン・サイズ。何に使おう?笑

f:id:jptzws:20170831173728j:plain

ソーシャル空き巣

帰国する家族を見送るついでに、フィジーに来ています。

f:id:jptzws:20170822054306j:image

日本→サモアはいくつかルートがありますが、成田→オークランドアピアが一般的でしょうか。

大阪からも成田経由はアリですが、今回は乗継時間や価格を考慮して、関空→香港→ナンディ→アピアとしました。

で、せっかくなので一緒にナンディまで行って家族を見送り、一人でフィジー旅行、と。

 

青年海外協力隊員には「任国外旅行」という制度があります。

年間20日を上限に、派遣国以外へ私用で行けるというものです。

もちろん費用は自腹です。笑

しかも、派遣国ごとにJICAが指定する行き先にしか行けません(SVは制限なし)。

サモア隊員の場合は、フィジーの他、トンガ、米領サモアタヒチ、NZ、OZ、ハワイです。

さらに、その時々の情勢によって変化し、例えば「大統領選があるから半年は渡航禁止!」などが起こり得ます。

今回も、フィジー東部にはNG地域があります。

ちなみにタンザニア隊員の頃は、指定行き先のほとんどが暫定禁止のままで、実際にはイギリス、マラウィ、ザンビアしか行けませんでした。orz

 

フィジー旅行については、サモアに戻ってから詳しく書きますが、到着3日目の感想は...

サモアとフィジーはまっっったく違う国!」です。

こんなに近いのに、ここまで違うか!って、かなりの衝撃です。

 

本題。

ブログやSNSで、このように外出計画を明らかにするのは、空き巣に情報を渡すだけだ!なんて言いますよね。

「ソーシャル空き巣」なんて言葉が、以前ちょっと話題になったように、確かに危険です。

 

...ふつうは。

 

が、私の場合、家の場所の詳細まで明らかにしているとは言え、サモア住まい。笑

万が一、サモアで日本語を分かる人が読んでいても、我が家は行き止まりの村の最奥で、途中には攻撃的な犬たちが山ほどいます。

それでも我が家までたどり着いたとして、敷地にも7匹の番犬。

さらに同じ屋根の下には、大家の娘夫婦。

私が留守にしていることも知っています。

...どう考えても鉄壁です。

空き巣できるものならしてみろ!と。笑

 

ちなみに大家一族は、私なんかよりよっぽど裕福な大金持ちなので。

身内もまったく心配ありません。

タンザニア時代は、校内の教員住宅でさえ、家を空けるのが不安でしたが...。

本当にありがたい環境に滞在させてもらっています。

アピア観光まとめ&Moana

ずいぶんサボってしまいました。

日本から家族が来たので、休みを取って遊びまわっていました。笑

ということで今回は、一緒に観光して改めて気付いた点などを備忘録的に。

 

空港⇔アピアのアクセス

タクシーは、街中⇔空港がWST60。

加えて、街中⇔目的地+α。

例えば我が家は街中からWST7なので、WST67が妥当(実際の距離的にはWST65?)。

...なんだけど、早朝・深夜便が多いし荷物も運んでくれるので、WST70。

時間は、早朝・深夜なら最低40分。昼間は最低1時間見ておくほうが安全。

 

空港→街中は、シャトルバスもある。

WST25/人らしいので、3人以上ならタクシー一択。

 

平日昼間なら、ふつうのバスもあり。

空港から見て左に行くバスは全部アピアまで行くので、どれでもOK。

 

空港行きのバスは、魚市場横のバスターミナルから「Faleolo」行きが間違いない。

WST3。

「Pasi o vaa」など、空港の先に行くバスに乗ってももちろんOK。

空港はバス道路にあって、絶対に見過ごすことはないので。

でも本数は少ない。

時間は、道路事情や停まる回数(寄り道含め)で読みづらい。

最低でも1時間半くらいは見ないと危険。

 

Palolo Deep

アピアでシュノーケルと言えば、ここに来ない手はない。

サモアではめずらしく、なんと日曜もオープン!

この一週間、顔を覚えられるくらい通ってしまいました。汗

大人WST5、小人WST2。おつりがないと安くなったり。笑

日によって海草が多かったりしますが、遠浅で波が弱く、子供も楽しめます。

f:id:jptzws:20170819190007j:plain

「軽食を持っていって飽きるまで遊ぶ→EdgeかSeafoodで食事」、これ最高です。

お酒や眺めメインならEdge、食事メインならSeafoodかな?

 

↓The Edge。ドラフトビールが飲めます。

f:id:jptzws:20170819190458j:plain

 

↓Seafood Gourmet Bar & Grill。ここのPokeはサモアNo.1とも(写真はOka)。

f:id:jptzws:20170819190748j:plain

 

Samoa Cultural Village

以前も書きましたが、とてもタダとは思えない充実っぷり。

ここも行かない手はありません。

パフォーマンスは、火~木曜の10:30~12:30だけな点に注意。

あ、実際には11時過ぎのスタートです。サモア時間ですから。笑

前回は、刺青の説明やココナツを割ったり絞ったりの実演あり。

が、今回はそれがなく、代わりに木彫や料理の実演&説明がしっかり。

f:id:jptzws:20170819191306j:plain

ショーの後も、ココナツジュースのみ→ウム料理(美味!オススメ!!)だったり。

日によって若干違うので、雨が降って行く場所に困った時など、2回目もありかも。

↓左下から白身魚の蒸し焼き、パルサミ、石焼タロイモ、石焼バナナ(ピント!汗)。

f:id:jptzws:20170819191313j:plain

 

Moana(モアナと伝説の海)

せっかく家族が来たので、2回目を見ました。

前回はサモア赴任直後に見たので、よく分かりませんでしたが。

実はとても!よくできていることに気付きました(なぜか上から目線。笑)。

遠浅の海(薄い水色)が続き、沖でサンゴ礁が途切れるドロップオフで高い波(白)。

その先は深くなるから濃い青。

まさにサモアの海です。

おそらくフィジーやトンガ、トケラウなど、舞台になった島々も同じかと(想像)。

他にも、火山島ゆえの切り立った山の感じや、椰子やバナナを含めた植生など、細かい点も違和感がほとんどありません。

正直、別にファンでも何でもありませんが、「さすがディズニー!」と感心しました。

 

あえて辛口なことを言うなら、刺青人口の少なさ。

サモアはもちろん、オセアニアの人たちは男女ともに刺青します。

成人していれば100%では?と思うくらい。

もちろん、世界中で公開される子供向け映画なので、しょうがないのは分かります。

この辺りも、「さすがディズニー」の一部ですね、きっと。