読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Notes in Apia

常夏の島サモアで暮らす、青年海外協力隊員の覚え書き

ここは豊田市?

以前もチラッと書きましたが、サモアは2009年に車の進行方向を反対にしました。

右側通行を左側通行(日本と同じ)に変更したんです。

...って、言葉で書くとあっさりしてますが、実行するのはものすごく大変そうです。

日本みたいに信号や標識、高速道路などのインフラが発達していると、不可能にも思えますよね。

幸い当時のサモアは(ま、今もですが...)、そんなに交通インフラが発展していなかったため、実行に移せたんだと思います。

 

が。

それにしても。

ある日、走る方向が変わるなんて一大事です。

もちろん、かなり反対の声も大きく、その前後は騒然としていたそうです。

切り替え当日とその翌日は臨時の休日になって、警官が総出で交通整理したんだとか。

バスも降り口が右側についていたので、しばらくは乗り降りが危なくてしょうがなかった、と。

 

お酒も切り替えから数日は販売禁止になったそうです。

...って、飲酒運転OKなの!?

そっちのほうが問題では。笑

 

で、今。

サモアは日本車天国です。

右ハンドルになったことで値段も格段に安くなったそうで、09年を境に自動車の数自体が急増しているとか。

NZやOZに出稼ぎに行ったサモア人が、車を買って帰ってきたり。

 

サモア人は、国内在住者と同じくらいの人数が海外で出稼ぎしています。

 そのほとんどがNZかOZ(いずれも左側通行・右ハンドル)。

 そりゃアメリカから輸入するより、NZからのほうが断然近いし安いですよね。

 

日本車がたくさん入るようになって、その品質の良さに驚き、当時は反対していた人たちも「オレ達はなんてアホだったんだ」と気付いたとか。

燃費が良くて、メンテが少なくていい上、壊れにくくて、パーツも手に入るし、新品のパーツが壊れてるなんてこともない、とはサモア人の弁。

日本人にとっては割と当たり前ですが、アメ車、ロシア車、中国車なんかと比べると、きっとその通りなんだろうなぁ、と。

 

日本車、と言っても、圧倒的に多いのはやっぱりトヨタ

タンザニアもそうでしたが、ホントに世界中で強いですね。

サモアを走る車の8割以上はトヨタ、と言っても過言ではないのでは?

日本よりトヨタ率が高いことは間違いないかと(特定の市町村を除く。笑)。

 

次いで、ホンダ、日産かな?

スバル、三菱、スズキはたまに見るくらい。

日本の中古車は、世界中の(左側通行の)国に来てるんですよね。

エアロごてごてのヤン車とか、「~商店」とか書いてある車とか、タンザニアでもよく見ました。笑

 

左ハンドル時代の名残で多いのがヒュンダイ。日産の次くらい。

フォードとか起亜なんかもたまーに見ますが、「どんどん減ってるよ。もう誰も買わない」とのこと。

 

車を始め、いろいろな日本製品の品質の高さのおかげで、海外で日本人は尊敬(まではいかなくても、一目置くくらいは)されるんですよね。

製造業の一部に噛んでいる人間としては、非常に誇らしい気持ちになります。

 

ちなみに、最近日本人が車のことで聞かれる第一位は「カーナビの表示が意味分かんない。英語にできない?」かと。

隊員はみんな聞かれるみたいです。笑

でも残念ながら、ほとんどのカーナビは英語表示なんて存在しないんですよね。

ま、各国で法律が違うから、ナビは国内仕様と割り切っているんでしょう。

日本在住の外国人はどうしてるんでしょうね?

 

↓分かりにくいですが、ほとんど全部日本車。2重の虹と共に。

f:id:jptzws:20170330120056j:plain

less but better

昨日も「買えない!」って書いたし、停電や断水、日曜はバスも店も休み!なんて書きました。

実際、サモアでの生活は日本より圧倒的に不便です。

それはもう比べようもないくらい。

きっとこれからも愚痴ったりします。笑

 

が!

日々触れる幸福感はサモアの圧勝です。

これはタンザニアでも同じでした。

 

モノはないし、不便、なのに幸せ。

逆に日本は、モノがあふれて、便利、なのにあんまり幸せじゃない。

 

自分が幸せか否か、ではなくて、「周りから感じる幸福度」という意味です。

サモア人もタンザニア人も、なんか毎日楽しそうで。それが基本。

もちろん日本にも楽しそうな人はいるけど、比較的少ないから目立つ感じ。

単純に、笑顔の比率が違うというか(ま、文化の違いでもありますが)。

 

超辛口なこと書いちゃうと、行列のできる店の前でカップルが並んでるとして。

2人ともなんかちょっと仏頂面で、それぞれスマホで別のことしてたり。

ホントはすごい幸せ&楽しいことをしてるはずなのに、まっっったく楽しそうじゃないし、むしろ不幸そう。

それって時間もお金もエネルギーももったいなくない?と。

 

物資やエネルギーを大量に消費しつつ、そこから得られる幸せ感が少ない日本人。

それが本当だとしたら、すごいコスパ悪いですよね。

 

...もちろん個人的な感覚なので、絶対論で語るつもりは全然ありません。汗

でも、沖縄の離島とか、日本でも田舎に行くと同じようなことを感じたりしませんか?

モノが少なかったり、不便だったりするはずなのに、都会の人より幸せそう。

 

私はアフリカ以前、何かがうまくいかない時、怒りや苛立ち、ネガティブな感情を持った時、「何が足りないんだろう?」と考えがちでしたが。

本当は「何が余計なんだろう?」と自問するべきかも、と変わりました。

 

その結果、帰国してからTVが家にない生活になって、自由に使える時間が格段に増えたり。

(欲しくなったら買おうと思っていたら、買わないまま2回目の協力隊に。笑)

 

...もちろん常にうまく働くとは言いませんが、私にとっては非常に大切な方向転換でした。

ちょっと前から「ミニマリスト」とか聞くようになりましたが、本当に必要なものって意外と少ないですよね。

ストレス解消に「衝動買い」するくらいなら「衝動捨て」するほうが、心の健康に効果的かもしれません。

 

まだサモア生活2ヶ月なので、あんまり断定的なことは言えませんが、サモア人が何でも楽しい方向に処理しようとするのは非常に心強いし、参考になります。

 

...あ、タイトルはディーター・ラムスです。
世の中のデザインも、ここ10年くらい機能美が流行ってますね。

 

f:id:jptzws:20170329121707j:plain

アピアで便利の象徴たるマークと遭遇。よく見ると7/24。

日本のセブンイレブンと名前を交換したほうが、お互いに実態に近いかと。笑

買えない!(食)

以前、「サモアでは(お金さえ出せば)たいていのものは手に入る」と書きましたが。

意外と身近なものが手に入らないことを知り始めました。

ブランドや細部にこだわっているわけではなく、そもそも売られていないものがあるんです。

 

しょうゆ、海苔、味噌、米酢、味醂、わさび、豆腐、麹、そば、麺つゆ...全部買えます。高いけど。

和食以外も、オーガニックのトマト缶とか全粒粉パスタとか、健康志向なものも売られています。

オイスターソースやスイートチリソース、A1ソースなどもあって、まず困ることはありません。

サモアは、輸入のほとんどをNZ(経由)に依存しているので、NZで買えるものはサモアでもたいてい買えるのかもしれません。

↓NZやOZのおいしいアイスクリームは、最近一番の楽しみだったり。笑

f:id:jptzws:20170328174828j:plain

 

ハチミツがない!

が!

ハチミツがありません。

今までいろんな国に行きましたが、ハチミツが買えないなんて初めてです。

いや、正確には、地元産のハチミツ?はあります。

真っ黒に近く、甘みがない、ハチミツと呼ばれるけど似て非なるもの。

 

余談ですが、タンザニアでも地元のハチミツはたいていおいしくありませんでした。

いろんな花の蜜が混ざりすぎているとか、巣からの抽出方法が悪いとか、加熱殺菌が下手とか、理由については色々聞きましたが、その真偽はともかく、とにかくおいしくない。

2,3度失敗した後は、いつも輸入品を買っていました。

 

サモアでも輸入品を、と思ったのですが、高級スーパーにも置いておらず...。

NZがハチミツの輸入を禁止しているため、サモアにも入ってこない、というのが私の中で最有力な説です。

...でもNZって、産地としてはハチミツ王国ですよね?

輸出はしているはずだから、NZ産のおいしいハチミツが山ほど輸入されてもおかしくないのですが。

同僚に聞くと、「売ってるよ。サモア人はみんなハチミツ好きだ」と言うので、もうちょっとリサーチします。

 

ペーパーフィルタがない!

もうひとつ!

紙のコーヒーフィルタがありません。

もちろん紙用のドリッパもありません。

豆、粉はあります。

じゃ、どうやってコーヒー入れるんだよ!?

...以前書いたように、サモア人はお湯に直接溶きます。

って、もちろん溶けはしないので、沈殿させて飲みます。アラブ方式?です。

 

他、選択肢(売られているもの)としては、フレンチプレス、エスプレッソ(ポット)、コーヒーメーカー(ステンレスフィルタ)です。

...サモアはどうしても豆の味を100%届けたいらしい。笑

ある意味、本当のコーヒー好きですね。

今日、ようやくコーヒーメーカー用の紙フィルタを見つけましたが、500枚入でWST16.9(≒760円)。

別途コーヒーメーカーも買わなきゃいけないし、ちょっと高い投資だなぁ...。

 

今は、先日帰国した隊員からHARIOのカフェオール(ステンレスフィルタ)を頂いたので、非常~~~にありがたく使わせていただいています。

↓これ(アフィリエイトなし) 

HARIO (ハリオ) ドリッパー カフェオール コーヒー ドリップ 1~4杯用 ブラック CFOD-02B

HARIO (ハリオ) ドリッパー カフェオール コーヒー ドリップ 1~4杯用 ブラック CFOD-02B

 

 

...でも正直、時々はペーパーフィルタとかネルドリップのすっきり味も飲みたいです。笑

自分で髪を切る

海外で暮らしている人は、どうやって髪を切っているんでしょう?

先進国なら、美容院とかヘアサロン的なものがいくらでもありますよね。

英語圏だったら好みのスタイルにしてもらうのも、それほど難しくないかと。

でも第2外国語以下の言語圏では、コミュニケーション的になかなかですよね...。汗

 

途上国で暮らす協力隊員は、

 1.美容院などを利用

 2.他の隊員に切ってもらう

 3.自分で切る

の3パターンでしょうか。

 

美容院などを利用

お金さえ払えばいいので一番お手軽です。

協力隊員は、基本的に現地の一般庶民と同じ生活をするので、現地語をどんどん覚えます。

不安だったら英語(や日本語)のできる友達・生徒に一緒に行ってもらうなどもできますし、国によっては大きい街やリゾートホテルなどに、外国人やお金持ちがターゲットの美容院(日本と変わらない)があったりします。

現地で流行の髪形にしてもらうなど、文化の違いを楽しめるのが利点ですね。

私もタンザニアでコーンロウやラスタにした時に利用しました。
f:id:jptzws:20170327130820j:image

f:id:jptzws:20170327130834j:image

f:id:jptzws:20170327130845j:image

サモアでも、アピアに隊員御用達の美容院(カットは中国人らしい)があるそうです。

それ以外にも、街角にヘアカットの看板を見かけます。

 

他の隊員に切ってもらう

以前は国内訓練の選択科目に「散髪法」みたいな講義がありました。

そうでなくても、たいてい1人や2人は得意な隊員がいるので、「1回ご飯おごる」とかで切ってもらったり。

職種が「美容師」の隊員が近くにいたら大当たりです。

多分、大人気でしょうね(激レア職種?なので、私は会ったことがありません)。

 

タンザニアでは、私はいつも隊員に切ってもらっていました(他の隊員の髪を切ったことも)。

美容院などを利用しないのは、お金の問題ではなく、感染症のリスクを避けるためです。

サブサハラなど(タンザニアも)、HIV感染者の割合が25%以上なんて地域も多いため、ハサミや剃刀を使う施術はJICA事務所からも止められていました。

日本では考えもしないことですが、非常に大切です。

 

自分で切る

男性(特に髪の短いスポーツ隊員など)や地方隊員に多いですね。

日本からバリカンを持ってきていて、ガーッと短く刈り込んでしまう。

NTCやKTC(国内訓練所)でもよく見ました。

女性も、毛先を揃えたり、前髪を切ったりくらいは(日本でも)しますよね。

 

今回は、初めて自分で切ってみました。

というのも、先日帰国した隊員から「ヘアセルフカットセット」なるものをもらったから。

↓こんなの

f:id:jptzws:20170327152908j:plain

まぁ失敗したら街の美容院に行けばいいや、最悪ボウズに近くても。くらいの勢いで気軽に。笑

 

他人の髪を切るのは割と得意で、タンザニア時代など、それなりに上手く切れていると自負していたのですが。

当然ながら、自分の髪はまったく勝手が違います。

左手で髪を取って右手で切るので、想像するだけでも、右と左が同じように切れるはずがありません。

合わせ鏡ができるほど大きな鏡もないので、後ろは、触った感じで切っていってデジカメで確認、の繰り返し。

 

結果。

それなりに苦労しましたが、いい感じに切れました!

自分の好きに切れるので、下手な店に行くよりよっぽどいいんじゃない?と自画自賛

ま、気になるところがない訳ではありませんし、切ってから日本人に会ってないので、日本人からは未評価です。

実は後ろとかガタガタかもしれませんが。汗

いずれにしても、初めてにしては上出来かと。

一度はサモアのヘアカットも試してみたいですが、この2年はセルフカットで乗り切ろうと思います。

 

↓参考にしました。webは偉大です。

【失敗しない】自分で髪を上手にカットする方法 - NAVER まとめ

サモアの日曜日

赴任直後の研修でサモア語を習っていた先生は、偶然にも私の住むToomatagiエリアの牧師さん。

再三誘われていたこともあって、日曜ミサに参加してきました。

まぁ説教も聖歌もサモア語なので、正直さっぱり分からないし、雰囲気だけ楽しむ?感じで。

 

↓みんな白い服。色付きの人は後ろに座るようです。

f:id:jptzws:20170326141253j:image

↓この教会では、鐘の代わりにエアボンベ(サモアでは結構よく見ます)。

f:id:jptzws:20170326141154j:image

 

サモアではキリスト教の司祭や牧師は、マタイとはまた違った社会的ステイタスがあり、ほとんどの場合、教会の近くの大きくてきれいな家に住んでいます。

私のエリアでも例外ではなく、ただでさえ高級住宅地なのに、輪をかけて立派な2階建ての家!

こんな家だったら、ムカデやヤスデに悩まされることもなさそうです。

しかも住み込みのお手伝いさんまでいて、うらやましい限り。

 

ミサのお楽しみは、何と言ってもお昼のトオナイ(日曜のごちそう)です。

半分以上、これが本当の目的だったり。笑

オカ(生魚&ココナツミルク)やパルサミ(タロイモの葉のココナツミルク煮)、チャプスイ(しょうゆ味の春雨)、石焼タロイモと、サモア料理のオールスターだけではなく、中華風の炒め物やスープ各種(牛、羊、鶏)などなど、本当に盛り沢山。

お腹いっぱい頂いた上、夜ご飯用に包んでもらって大満足。

f:id:jptzws:20170326141153j:image

f:id:jptzws:20170326141341j:image

メニューだけ見るとあまり高カロリー食に見えませんが、問題は食べる量ですね。笑

日本人の2~3倍は食べる印象です。

あとは平日の食事。

野菜を全然摂らず、炭水化物と糖と脂質にかなり偏ってます。

 

でも今日、奥さんに「タロイモが好きなのね!?いいことよ!ウチの子はご飯のほうが好きなのよ!サモア人じゃないわ!!あなたのほうがよっぽどサモア人」なんて言われてしまいました。

太らないように気をつけないと...。汗

サモアのライフライン事情

ライフラインと言えば、主に水、電気、ガスですよね。

とりあえず今回は、交通インフラとか情報インフラは除いて、この3つに絞ります。

 

サモアの水道

ウポル島はほぼ全域、水道が引かれているそうです。

飲料水を井戸とか川から汲まずに済む、という意味です。

 

※日本だと想像もできませんが、10年前のタンザニアでは、地域や家によって水道がなかったり、あってもほとんど出なかったりしました。

 

水道局にシニアボランティアが入っており、水質が最近とてもきれいになったそうです。

あ、でももちろん直接は飲めません。

サモア人(や一部隊員)の中には、飲んでしまう人もいるようですが、お腹が弱い人はやめたほうが無難ですね。汗

しっかり浄水されているとのことで、寄生虫などは心配なさそうです。

実際、色がついたり砂が混ざることはないので、沸かすだけで飲めます。

 

※国や地域、季節によっては、ろ過してから煮沸が基本だったりします。

 

ボトルウォーターも、どの売店でもふつうに売っています。

500mlのボトルで1WST(≒45円)くらい。

 

断水は時々ありますが、対策として、たいていの家には貯水槽があります。

コンクリート造りだったり、プラスチックのタンクを置いていたり。

タンザニアの家では天井裏にプラタンクを設置してあって、乾季で水圧が弱いときは、周りが水を使わない夜中になると(水圧が上がって、天井まで水が上がるので)タンクに水が溜まる音がして、「明日は安心!」などと思ったものです。笑

サモアでは、家の横にあって、貯水槽やタンクを経由した水がポンプで送られることが多いようです。

家の中の蛇口をひねると一瞬タイムラグがあって、急にジャーッと出るので慣れが必要。
最初、何回かびしょ濡れになりました。笑

水圧が低いときも溜まってくれるのでありがたいですが、電気が止まると(ポンプが動かないので)家の中ではチョロチョロとしか出ません。

そのときは貯水槽まで行って、下にある蛇口から汲むことになり、ちょっと不便。

タンザニア式とどっちがいいか...。

どっちもどっちですね。笑

 

サモアの電気

電気もほぼ全域で利用できるそうです。

品質も安定しており、スパイクノイズで機器が壊れるようなことはなさそうです。

240Vなので、電気ポットのお湯が沸くのが早い!

電圧が高いと危険性は増しますが、少ない電流で大きなエネルギーを送れるので、調理家電などには適してますね。

 

停電は時々ありますが、頻度は少ないです。

自宅に越してきて4週間、家にいるときに停電したのはまだ2回だけかな?

停電しても、たいてい2時間くらいで戻ってきます。

冷凍庫が霜だらけになるのが痛いですが、まだ夜暗い時間に停電になったことはないので、もしかすると計画停電など、意図した停電なのかもしれません。

 

電気代は事前払いです。

自宅の電気メーターのシリアル番号を伝え、街にある窓口で好きな額を払います。
f:id:jptzws:20170325180730j:image

トークン番号を書いたレシートをもらえるので、その番号を電気メーターで打ち込みます。
f:id:jptzws:20170325180729j:image

すると、メーターに表示された電力残量が増える、という仕組み。

1kWh≒0.7WST(≒31.5円)なので、日本より割高ですね。

都道府県や契約によりますが、日本は1kWh≒20円くらいかと。

でも事前払いだし、メーターも(停電しないように)結構な頻度で見るので、エコ教育という意味ではいいですね。

 

サモアのガス

ガスはボンベ供給だけです。

ガス管インフラはないはず。

ガス給湯器は見たことがないので、料理にのみ使っていると思います。

が、隊員の家の多くは(ドミトリーも含め)、電気クッカーです。

ガスコンロがあったら、かなりラッキーだと思います。

私の家は4口+オーブンのガスレンジがあって、本当に助かっています。

特に焼き物、炒め物はガスに限ります!

 

ガスレンジのつまみ、というか操作法が日本と異なります。

時計回りにひねって点火、までは同じですが、そこが最大火力で、右に回すほど火が小さくなります。

クッカーに点火装置がなく、マッチなどで点ける必要があるため、合理的と言えば合理的。

これまた慣れは必要ですが...。

ただ日本のコンロだと、とろ火にしようとした時、弱くしすぎて消えちゃうことがありますが、サモアでは一番右に回し切るとととろ火になるので、その点では非常に使いやすいです。

 

ボンベがなくなったら、自分で売店に持っていって交換する必要があります。

そのためか、サイズも小さいのですが、手で持ってくのはちょっと無理だし...タクシーか?

またレポートします。

 

今日は昼間、汗だくで掃除してるときに停電になったので、こんなブログになりました。笑

サモアの東大

久々に(初めて?)仕事の話。

協力隊では、職種ごとに隊員を募集します。

看護師、歯科衛生士などの医療系、サッカー、柔道などのスポーツ系、野菜栽培、稲作栽培などの農業系etc.、多ジャンルに亘って様々あるので、誰でも何かしら当てはまるものがありそうです。

 

私の場合は、電子工学。

案件も応募者も少ないレア職種ですが、「手に職系」技術は途上国で人気があります。

タンザニアでもそうでしたが、日本人で電子工学と言うと、すぐ「TVは直せるか?」「冷蔵庫は直せるか?」等、会う人会う人みんな聞いてきます。

あわよくばタダで直してもらおうと。笑

ま、直せるものなら直しますが、最近の電子機器は集積度が高くて、直せないことのほうが多いです。

村ステイ中もTVをバラしましたが、一部が完全に焼損してしまっていて、どうしようもありませんでした。

 

(余談)

日本の修理業界も、個々の部品を換えるのではなく、基板だとかユニットで交換してしまいます。

そのほうが結局早くて安いというのもありますが、実際ハンダごてで付け外しができなかったりするので。

 

話を戻して。

私の要請は「サモア唯一の国立大学でロボット工学コースの立ち上げを~」という内容でした。

それって日本で言えば東大じゃないですか!

もちろん東大には至らないまでも、なかなかレベル高そうですよね。

 

サモアの東大!?
f:id:jptzws:20170324184429j:image

 

...いざ来てみると。

ロボット工学コースなんて立ち上げようがないなぁ...というのが正直な感想。

実は、応募前からちょっと怪しく思っていたんです。

というのも、電子工学にしてもロボット工学にしても、日本だと工学部、もしくは理工学部で扱う内容ですが、サモア大学には理学部しかないんです。

理学部の下にある学科も、理学科、数学科、コンピュータ学科。

で、私の配属先は、理学部コンピュータ学科。

授業内容は、Javaプログラミング、MS Officeの使い方、シスアド基礎etc.という感じ。

 

えーと...日本の大学とは大きく異なり、まず研究機関ではありません。

そして、教育機関ではあるのですが、学問というよりも職業訓練にかなり近いイメージ。

実際、コースの内容などは、NZなど海外で働く卒業生からの声で決まるそうです。

 

でもまぁ、これくらいは想定内。

肝心の工学系は?と言うと。

ロボット工学に必要な4つの柱=機械工学、電子工学、制御工学、プログラミング、どれひとつ教えられる人がいません。

「プログラミング」という授業はありますが、Javaのみ。

CやC++を教えられる(知っている)先生はいないんです。

だから私(電子工学)一人が来たところで...というのが本音です。

肝心のニーズも、本当にあるのか非常に疑わしいです。

学科長も「プログラミングの講義を持ってほしいのよねー」なんて言ってるし。汗

 

じゃ、どこから「ロボット工学」なんて話が出たか。

私の大学が主催で、ロボコン的なことを去年、一昨年、開催したそうです。

ただ、ウチの学生は参加せず、他校が参加したのですが...。

 

ロボコンって言っても、NHK的なヤツを想像してはいけません。

スターターキットみたいな、ちょっと改造もできますよ、くらいのロボットを買ってきて。

プログラムも、命令ユニットをつないで各数値を決めるだけ、みたいなソフトで組んで。

しかも操作はリモコンで!

...それってロボットじゃなくてラジコンでは。汗

正直、ここでも電子工学の出る幕はありません。

 

そんな中、割と電子工学に近そうな「コンピュータ・ハードウェア」という講義があると言うので、とりあえず見学すると。

週に2回2時間ずつのはずが、この2週間は

 小テスト前の復習(1時間足らず)

 小テストの準備ができていないから休講

 小テスト

 なんだかよく分からないけど休講

と、ほぼ稼動していない状態。

 

うーん、サモアの東大がこれでいいのか?

後期からこの講義の続編を持つことになりそうですが...。

講義の内容も、各講師たちがかなり自由に決めているそうなので、非常に悩ましいです。

むしろ小学校や中学校のほうが、文科省や教委から指導要領的なものが発行されていて、「×年生の△学期は○○と~~を教える」ということが一応なり決まっているので、まだちゃんとしている気がします。

実際、タンザニアの技術セカンダリ(高専みたいな学校)で電磁気学を教えてた時のほうが、周りもよっぽどしっかりしてたぞ、と。

 

生活はかなり楽しいですが、仕事的にはなかなか前途多難なスタートです。笑

 

↓今日も客船が!またCunard。ホントよく来る。(バス窓から)
f:id:jptzws:20170324184252j:image